レンガ刻印探し大会(報告)

はい、こんにちは。

特別展「モダン横濱案内」が無事に終了し、
展示室では撤収がちょうどひと段落したところ。
今日もオヤツの魔の手に屈してしまった azul です。

前回は居留地遺跡プロムナードと近代遺跡めぐりを紹介しましたが、
当館と山下居留地遺跡の価値を考える会との共催企画は、
これが2度目にあたります。

開催直後に報告できなかったため、ちょっと古い話になってしまいますが、
第1弾は昨年12月に実施した「明治のレンガ刻印探し大会」。
子どもたちに明治時代の煉瓦のかたまりを自由に砕いてもらって、
刻印のある煉瓦を探してみようという企画なのですが、
使用した煉瓦は、なんと山下居留地遺跡から出土したホンモノ
このイベントのために、考える会が県から特別に許可をいただいたものです。

当日はまず山下居留地遺跡プロムナードにて、
すっかりお馴染みの天野賢一さん(かながわ考古学財団)のお話を伺ってから、
当館の中庭に移動して、親子で刻印探しスタート!

e0164082_15394350.jpg










中庭にトンカチトンカチ・・・
音が響きます


刻印が見つかったら、鐘を鳴らして表彰状とプレゼントを贈呈するのですが、
最初はなかなか鐘が鳴ることもなかったものの、
皆さんすぐに作業のコツを掴んだとみえて、
途中からは鐘が追いつかないほど刻印発見の声が!

e0164082_15395931.jpg








天野さん直々にご指導


e0164082_15401562.jpg









子ども以上に
気合いの漲っているパパも・・・

見つけた煉瓦は記念にお持ち帰り。
刻印をたくさん見つければ見つけるほど、
お土産も重くなっていくという・・・
(ちなみに煉瓦1個はだいたい2kgくらい)
4つも5つも見つけたご家族はどうされたかな・・・

皆さんご参加ありがとうございました。
子どもたちの楽しそうな表情がすべてでした。

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2011-02-01 15:54 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://hamablo.exblog.jp/tb/14100436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< セレブな駱駝チョコ 特別展終了 >>