大磯にこの人あり

はい、こんにちは。
このところ怖いくらい順調にブログを更新しているazulです。

先日の品川区立品川歴史館に続いて、
今日は大磯町郷土資料館の國見徹館長が、
当館所蔵の出土遺物の調査に来られました。

横浜の某遺跡(あくまで自称)からの出土遺物をご案内したのですが、
遺物の見方ひとつにも、学芸員の個性が現れるといいますか、
國見さんはペンライト片手に煉瓦の刻印を仔細に見ておられました。

e0164082_1744442.jpg

ただいまリニューアル工事中の大磯町郷土資料館。
リニューアルオープンにあわせた企画展で、
横浜の某遺跡(くどいが自称)の遺物を展示してくださるとのこと。
今年の後半は見逃せない近代遺跡の展示が続きますね。
オープンが楽しみです。

大磯町郷土資料館では、リニューアル工事の状況などを、
資料館のブログで紹介していますので、こちらもあわせてご一読を!

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2016-08-06 17:45 | 日常業務 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://hamablo.exblog.jp/tb/24578118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< azulセンセの秘密☆ 品川にこの人あり >>