藤森照信先生、ご来館!

はい、こんにちは。azul です。
いよいよ今日で増田彰久写真展が終了します。
昨日は、最後の展覧会関連イベントとして、
講演会「中国の近代建築をめぐって」が開催されました。

講師としてお招きしたのは、建築史家の藤森照信先生。
当財団では、2009年2月にも一度、藤森先生をお招きしていますが、
(→ 「100日前講演会」)
今回は、中国の近代建築をテーマにご講演いただきました。

「今日はユーラシア文化館の主催だから」とおっしゃりながら、
いきなりホワイトボードに世界地図を描く藤森先生。
ヨーロッパからアジアへと至る洋風建築の伝播について、
先生がお撮りになった貴重なスライドをもとにお話くださいました。

e0164082_1695546.jpg

そして後半は、増田彰久先生の写真を写しながら、
藤森先生・増田先生お二人による対談形式での「撮影秘話」。
初めて一緒に調査に行かれた北京をはじめ、
上海や青島、旧満州国の都市である大連や長春など、
それぞれ特有の歴史をもつ各都市の近代建築について、
撮影エピソードを交えながら、楽しく解説してくださいました。

e0164082_1610899.jpg


講演会が終わったあとは、企画展示室に藤森先生をご案内。
講演会に参加された方も多数会場にいらしたので、
いきなりの先生方登場で、会場は一気に熱気ムンムン。
見学者からのサインのお願いに丁寧に対応される姿が印象的でした。

藤森先生、増田先生、今日はありがとうございました!

e0164082_16101943.jpg

さて、今日が終わると、次は当館の企画展が待っています。
次回の企画展は「ようこそ!横浜地図ワールドへ」。
横浜を描いたさまざまな地図を一挙大公開です。
どうぞお楽しみに!

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2017-04-09 16:16 | イベント報告 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://hamablo.exblog.jp/tb/25682310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 設営スタート 「あのタイルの文字は?」 >>