100日前講演会

はい、こんにちは。

今日は当財団が主催する講演会
「横浜開港150周年 100日前講演会 横浜開港の謎に迫る
の日でして、私 azul もスタッフとして一日行って参りました。

二人の講師が、建築史家の藤森照信さんと作家の山崎洋子さんとあって、
定員をはるかに上回る応募があったそうで、
外の寒さとは裏腹に、会場の開港記念会館は熱気ムンムンでした。

講師お二人から、それぞれの「開港の謎」をお話いただいたあとは、
再度壇上にお迎えして、質疑応答へ。
熱心かつハイレベルな質問が矢継ぎばやに飛び、
参加者の皆さんの関心の高さに驚きました。

e0164082_17472372.jpg


学生時代に藤森先生の授業を聞いていた私にとっては、
久しぶりに先生のお話を伺う機会でしたが、
(あ、ちゃんと仕事もしましたよ)
横浜居留地の建築が持っていたポテンシャルをあらためて教えられ、
次の展示に向けて元気をいただきました。

藤森先生、山崎先生、
今日はどうもありがとうございました。

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2009-02-22 17:50 | その他 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://hamablo.exblog.jp/tb/9672307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 模倣なれど侮るなかれ 建築家のワザ >>