カテゴリ:未分類( 12 )

 

海から見たみなとみらい

はじめまして、bookと申します。
みなとみらい展の歴史クルーズに参加して来ました。

担当のAzul先生は稀代の雨男と聞き及び、不安を抱えながらの参加でしたが、当日は晴天。
暖かな日でクルーズ日和でした。

クルーズと言ってもごらんのような小さな船ですが、かえって海との一体感があります(負け惜しみではありません)

e0164082_18310941.jpg
横浜博覧会にも行ったことがあるbookですが、みなとみらい地区の発展には目を見張ります。

でも陸地では建物がさえぎってこの地区を一望することができません。

ところが海に出ると、まだ昔の、それもみなとみらいになる前の横浜が残っています。

1時間ちょっとのクルーズでしたが、目線が変わってとても楽しめました。

要所要所で差し挟まれるAzul先生の解説も知識を深めてくれます。

e0164082_18300970.jpg

book的にはスカイラウンジを間近に見られて感動しました。

横浜博覧会の年(なんと平成元年)に開通したのでbookも行きました。

e0164082_18321963.jpg

今は通行できませんが、あれから約30年。

30年後のみなとみらいはどうなっているのか、思いを馳せるbookでした。




[PR]

by tohatsu | 2017-11-02 18:34 | Trackback | Comments(0)  

職場体験

みなさんこんにちは!
私たちは11月26日から28日までの三日間職場体験に参りました
東山田中学校2年の竹井と出川です。


今回の職場体験の中で一番興味深いと感じたのは拓本です。
みなさんは拓本とはなにかご存知ですか?
拓本は細かい部分まで見えるように炭で形を写しとるものです
e0164082_1346873.jpg


これは実際に拓本してあるものです。
画像を見てもらえば刻印や文字が刻み込まれていることが分かると思います。
この刻印は製造所を、文字は製造に関わった人を表しています。
また、目があらいと機械で作ったもの、目が細かいと人が足で踏んで作ったものというように区別することができます。
e0164082_13474192.jpg



私たちが今回伺った横浜都市発展記念館は、平成15年3月に開館されました。
文化館は、関東大震災の後の火災により崩れてしまい立て直しました。
当時はレンガ造りの建物でしたが、コンクリート造りの建物になりました。
e0164082_13483621.jpg


また、日本初の全鉄筋コンクリート建設は1911年に建築家の遠藤於菟さんによって
実現されました。

みなさんもぜひ横浜都市発展記念館に訪れてみて下さい!
[PR]

by tohatsu | 2014-11-28 14:00 | Trackback | Comments(0)  

2012都発体験レポート その2

老松中学校の職業体験で来ているおうちゃん☆ です!
今回調べてきたのは、「タイプライター」 のなかで、レミントン社製タイプライターを紹介したいと思います!
e0164082_15584337.jpg


写真はアメリカ・レミントン社製のタイプライターです。
製造番号から、1926年製と判断されています。
同社のタイプライターは世界初のタイプライターとして知られています。
現在使われているキーボードの配列は同社のタイプライターから始まったものです。
当時はこのタイプライターでなければ、正式な文章として、認められなかったそうです。


職業体験に来ているtakenokoです。
e0164082_1624435.jpg

上の写真は、土で造られた昔のガスコンロです。
このように、都発には明治から昭和初期のモノが展示されています。


同じく、老松中学校から来たくつしたです。
e0164082_1614518.jpg

この写真の模型は、住まいとくらしの移り変わりを紹介しているコーナーにあります。
今見る普通のマンションと違うのでおもしろいと思い紹介しました。
ぜひ見に来て下さい。


同じく、mryです。
現:浜スタの歴史について調べました。
1929年、横浜公園球場が完成しました。
アメリカ大リーグ選手が来日し、日米野球が開かれ、球場はベーブ・ルースらのホームランにわいたそうです。この時は日本がぼろ負けでした。
歴史の本を読んでベーブ・ルースを知っていたので展示室で彼の写真を見て調べてみようと思いました。
ベーブ・ルースの写真
e0164082_16382997.jpg

[PR]

by tohatsu | 2012-09-13 16:39 | Trackback | Comments(0)  

2012都発体験レポート その1

職業体験で横浜都市発展記念館へ来たhornです。
e0164082_1572478.jpg

これは都発の近くに埋まっていた貯水庫の復元品です。
こんなのがまだ埋まっていると思うと・・・すごいぁと思いました。


同じく横浜都市発展記念館に来た皐月です。 
これは実際に昔の横浜で使われていた、アイス製造機と電話です。
私は初めて見たので、実際のモノが見れるのは凄いと思いました。
e0164082_15211627.jpg



職業体験中のこげもなかです。
横浜都市発展記念館には写真のような建物の模型があります。
当時の建築様式などが分かります。
クイズブックにも建物に関するクイズがありますので、挑戦してみてください。
e0164082_15315119.jpg



職業体験で来ました、FAMASです。
ぼくはこの当時のアイス製造機を見てこんなもので作っていたんだなぁと思い昔のモノにすごく興味を持つことができました。
e0164082_15403744.jpg

[PR]

by tohatsu | 2012-09-13 15:42 | Trackback | Comments(0)  

職業体験のおはなし

みなさま、こんにちは!(Ryo)です。

出勤の行き来で通っている日本大通り・・・昨夕は、気の早い銀杏を発見「もう銀杏の季節かー」と思い、スタスタ歩いていると、並木の反対側では蝉の鳴く声が・・・。季節の挟間を感じる出来事でした。

「秋といえば?」みなさまは何を思い浮かべますか?
短い季節、満喫しましょう!


さて、先週の職業体験の続き。
すっかり報告が遅くなりました(^_^;)
で、話は三日目から・・・。

午前中、HPやブログの話を聞いて、自分たちで取材をした結果が既にアップされている内容なのですが、
「写真がかぶってしまったー」とか、「写真が多すぎた」とか、「文章書くのが大変だった!」とアップされたブログをみながら、感想を言い合っていました。

とってもいいコンビの(S)くんと(Tetsu)くん!
午後は待ちに待った肉体労働(笑)煉瓦洗いをしました。
e0164082_13435267.jpg


その後、張り切って企画展示室の作業をお手伝い。先生も体験の様子を見にいらっしゃいました!
e0164082_1354367.jpg



四日目。
毎朝横浜公園の噴水で待ち合わせの二人。
私の出勤時間にすでにいたのですが、なんか雰囲気が・・・。
「あれ?今日は制服なんだ!」と私。
(Tetsu)くんが「今日は発表もあるし、初日から二人で決めてました!!」
しっかりした二人じゃありませんかっ!!ちょっと感動してしまいました、私。

その後、日本大通りの突き当たりの海が「見える」「見えない」で、小競り合い(笑)
そのまま「象の鼻パーク」へ連れて行き、海を眺め、気分新たに最終日の業務に向いました。

最終日のプログラムに「プチ展示」というものがあり、今日はその発表で終わることになっていたので、午前中から準備に取り掛かりました。

ワークショップの注意事項の説明と自分たちの中学校の昔の写真をパネルにして、キャプションをつけるというものでしたが、全職員の前での発表は、果たしてうまくいったのか???

e0164082_14181041.jpg


もっと緊張するかなーと思ったのですが、意外?にも、二人とも大きな声でしっかりと発表ができました。
職員からの質問にもきちんと答え、無事に四日間の職業体験を終えることができました。

長いようで短い四日間。
「学校行ってるより、仕事している方が一日はやーい」
と、言っていました・・・。
私も毎日あっという間なの~(>_<)


今週末19日からは、ユーラシア文化館で「EurAsia3000年 海と陸のシルクロード」が始まります!
どうぞご期待ください(^O^)/

(Ryo)
[PR]

by tohatsu | 2009-09-16 14:37 | Trackback | Comments(0)  

ニューフェイス登場!

皆さまこんにちは!(Ryo)です!
9月に入りまだまだ日差しは強いものの、吹く風は心地よいですね。
お散歩にちょうど良い季節です!


さて、今月8日~11日までの4日間、当館には職業体験のため、市内OM中学の(S)くんと(Tetsu)くんが来ています。

先月30日で都市発展記念館の企画展「横浜建築家列伝」が終了し、今月19日からはじまるユーラシア文化館の企画展「ユーラシア3000年」の準備が着々と進められています。
普段みることができないバタバタを…ではなく、博物館業務の裏側を知ってもらい、その業務に携わってもらっています。

企画展示室の壁やガラスケースの移動の様子を見学・・・いろいろなモノ・ことに興味津々!!質問も積極的!しかし、このあと、2人にも肉体労働が待っていた!!
e0164082_10115815.jpg


二日目は、お金のお勉強。
経理担当の(みぃ)さんが、「おこづかい帳」などを例えにあげて、わかりやすーく解説。

e0164082_10181982.jpg


なかなか難しかったようですが・・・つづいて私から、広報の話も!!
(いつの間にか、広報担当にもなっているRyoです)
あっという間の午前中。

午後は、「企画展示」ができるまでを(岡)さんから教わりました!
e0164082_10233544.jpg


最後には、自分たちでもミニ展示ができるようになるハズ?

今後は彼ら自身に職業体験の報告をしてもらいましょう!

では!

(Ryo)
[PR]

by tohatsu | 2009-09-10 10:25 | Trackback | Comments(0)  

DVD「映像でたどる昭和の横浜」シリーズ発売開始!

 横浜市では戦後、神奈川ニュース映画協会の製作により、市政のPR映像を数多く作成してきました。「映像でたどる昭和の横浜」シリーズは、横浜都市発展記念館が所蔵するそれらの映像をテーマ別に編集し、DVDに収録したものです。
 このたび、その第1巻「港とまちづくり」を刊行しました。昭和20年代から50年代にかけて港湾や船舶、埋立てなどに関する映像が集成されています。
【主な内容】 計47番組 116分
港まつり(昭和27)/建設すすむ高島第三桟橋(昭和29)/横浜港の拡充すすむ(昭和30)/私たちの横浜港(昭和31)/開港百年記念ヨコハマ(昭和33)/根岸湾埋立工事すすむ(昭和34)/山下公園にレストハウス誕生(昭和35)/ご苦労さま氷川丸(昭和35)/デラックスな大桟橋完成(昭和39)/金沢の埋立(昭和45)/開港広場完成(昭和58)/ほか
定価は1500円(税込)ですが、部数に限りがあります。お買い求めは当館ミュージアムショップまでお願いします。
 なお、第2巻は「都市の交通」です。昭和20年代から60年代にかけて、市電や地下鉄、バス、道路、駅などに関する映像を集成します。7月上旬に発売予定です。

*なお、当館HPトップ「新着情報」にサンプル動画を置いてあります。
 
e0164082_1913661.jpg
[PR]

by tohatsu | 2009-06-07 18:59  

緊急告知 ザ・鉄腕ダッシュ!

明日(15日日曜)19時から放映予定の「ザ・鉄腕ダッシュ」(日本テレビ)に
当館が登場することになりました!
取材自体は先月にあり、編集の都合で使われるかどうかわからない、
とのことでしたが、急な変更がないかぎりほぼ登場するでしょう、とのこと。
当館の外観とミュージアムショップわきの図書コーナーで
TOKIOが調べものをしている様子が映し出されます。
さらに、このブログで以前紹介された「ポール邸」も
放映される予定。
ちなみに当館の研究員もTOKIOに呼び出されるかも、
ということで、取材当日待機していたのですが、お呼びはかかりませんでした・・・。

以下のようなストーリーのなか、当館が登場します。

「歴史探偵~昭和の映像から現在の場所を探し出せるか!?」

復興の経緯や面影を残している場所など、昭和の映像には
その歴史が様々残されている。
前回に続き、荒俣所長から探偵である城島、太一に新たなる出題がされる!
今回の舞台は古き良き昭和の関東。
映像をヒントに市場で聞き込み、歴史ある名店を探す。
さらに洋風の建物、横浜を散策しそこから見つけたものとは…。
果たして、昭和の映像から今の場所を推理できるか!?

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2009-03-14 09:17 | Trackback | Comments(0)  

ちょっと気になる他館のブログ


博物館でブログを立ち上げるという試みはまだ少数派のようです。
せっかくブログをつくっても、
更新が長く止まってしまったり、簡単な日誌に終わってしまっている
博物館も少なくないようです(当館もそうならないようにしないと……)。

そんななか、今日はちょっと気になる博物館のブログをご紹介します。

それは、山口県萩市の萩博物館のブログ。
「萩博ブログ」
ブログを通じて博物館の活発な活動のみならず、
萩の町の姿もよく伝わってきます。

たとえば、

「Kabuto-1グランプリ」。これは、世界中から萩博物館に集結したカブトムシ・クワガタムシから毎週6種類が登場し、「昆虫王」の座をめぐってバトルを繰り広げる壮絶なトーナメント。
……とか、

萩の町の節分の様子
など。

当館のブログ立ち上げのときにも、電話でいろいろお尋ねしたのですが、
ブログ設置によってリピーターが格段に増えたとおっしゃっていました。
当館がエキサイトブログを借りているのも、萩博物館さんが使っていて
実績があるから、ということも理由のひとつでした。

わたしも萩は3度訪れているのですが、
江戸期の古い建造物がかなり広い範囲で保存されていて、歩いて気持ちのよい町です。
萩市は「九州・山口の近代化産業遺跡群」として世界遺産登録を目指しているとのこと。
ブログには萩の町の写真も多く載せられているので、観光で行かれる方も必見です。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2009-02-10 17:10 | Trackback | Comments(0)  

読者の皆様からのお便り


当館では月に1度ほどメールニュースを発行していますが、
先日、メールニュース読者限定で「よい子の交通双六」等
当館のミュージアムグッズのプレゼント企画を実施しました。
応募の際にいただきました当館への感想を
本日はご紹介します。

まずは、横浜市中区にお住まいのペンネーム・ヤマテク様

 地元民として展示を極私的に楽しんでいます。
 「横浜ステーション物語」では、私が横浜へ越してきた30年前には
東西通路が完成していなかったことなど、記憶にパンチをくらいつつ、
 現在暮らす街の中にかつての路線を思い描いてみました。 
 ブログは既に書き手の個性が見えておもしろいですね。
 今後メールニュースなどの情報でも刺激を受けたいと思います。

ヤマテクさん、ありがとうございました。
地元の方にこれからも「極私的」に愛されますよう努力していきたいと
考えております。


続きまして西区にお住まいのT・S様より。

 小学校の授業で横浜の歴史を学んで以来30余年、
 ずっと横浜という街の発展に興味を持っております。
 先日も横浜ステーション物語の展示を見て、
 横浜の発展の歴史を知る上で新たな視点を開くことができ、
 感謝いたしております。
 ステーション物語の展示が12日で終わってしまうのは残念ですが、
 また新たな企画展を楽しみにしております。
 特に復興、横浜の発展に貢献した野村洋三さんの
 企画があると非常にいいと思う次第です。
 今後ともよい企画を期待します!


ご意見ありがとうございます。
野村氏はホテルニューグランドのオーナーとして
マッカーサーにも会った方ですね。
これからもよりよい企画展を開催してまいります。

なお、メールニュースは当館ホームページ
から申し込みフォームにて配信登録ができます。
[PR]

by tohatsu | 2009-02-01 16:47 | Trackback | Comments(0)