<   2009年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

疎開先の娘へ


昨日の神奈川県博物館協会の情報交換会で、
当館の博物館活動に資する非常に有益な情報を
得すぎたために、少々頭痛気味の(吉)です。

さて、絵葉書データベースの第2次公開の準備が整ってきました。
今回は「横浜公園・尾上町」「本町通り」「弁天通り」
と前回に引き続き、関内地区の昭和戦前期の絵葉書の画像を
明日にもアップロードします。

当館の絵葉書、大部分は未使用のものなのですが、
なかには実際に使用されたあと、
寄贈された絵葉書も含まれています。

下記は今回公開する横浜公園の噴水の絵葉書で、
(5「横浜公園・尾上町」に含まれています)
昭和16年発行許可と印刷されています。

e0164082_14363382.jpg


これだけ見るとある意味何の変哲もない絵葉書なのですが、
その裏には次のような文章が綴られていました。

e0164082_14312281.jpg


寄贈者の方のメモによると、岩手県に疎開中、横浜市保土ヶ谷区の実家の
お父様より送られてきたものだそうです(昭和20年から21年)。

絵葉書の画像じたいも貴重な情報ですが、
記された文章からは、
時代の要請で離れ離れに暮らすことを余儀無くされた
父の、家族への思いがよく伝わってきます。

このような点も今回公開の絵葉書データベースに
なるべく織り込んでいくほか、
常設展示室「昭和はじめの横浜風景」でも随時紹介していきます。
(本絵葉書の公開は6月初旬以降を予定)。


(吉)
 
[PR]

by tohatsu | 2009-04-29 14:44 | 調査余話 | Trackback | Comments(0)  

みなと博物館

はい、こんにちは。

子どもの頃は星を見るのが好きで、
満天の星空のもとでデートがしたいという不純な動機から、
天文学科のある大学を受験してしまった元理系の azul です。

今日は神奈川県博物館協会の研修に行って参りました。

同協会では、定期的にさまざまな部会の研修があります。
私たちにとっては、学芸員としての技術を磨く場でもあり、
また県内の博物館どうしの交流の場でもあり、
機会をみては参加するようにしています。

今日はリニューアルオープンしたばかりの、
「横浜みなと博物館」の見学会でした!
当館からも古写真や映像などを提供していましたので、
楽しみにしながら、(吉)さんと二人で行ってきました。

それにしても・・・常設展示室、広いです・・・

私たちの常設展示も横浜の都市形成を扱っていますが、
こちらのパネル1枚分が、みなと博ではコーナー一つ分に相当するくらい、
かなりのボリューム感で見ごたえたっぷりでした。

象の鼻パークの整備中に発見された出土遺物なども、
しっかりと展示に活用されており、
当時、副館長の志澤さんと一緒に現地であれこれ議論したことを、
懐かしく思い出しました。

本当は、見学会のあとの懇親会で、苦労話など伺いたかったのですが、
今日中にどうしても企画展の手直しの作業をしなければならず、
懇親会に行きたくてたまらない顔をしている(吉)さんに、
情報交換のお役目をお願いして、館に戻ってきました。


みなと博物館の皆さま、ありがとうございました。
そして、リニューアルオープン、おめでとうございます。

またプライベートでゆっくりお邪魔したいと思います。

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2009-04-28 20:31 | お出かけ | Trackback | Comments(0)  

星になった鴨居

休館日でも自宅から書き込む仕事熱心な(可)です。
先日、久しぶりにプラネタリウムを見ました。
割と天文好きなワタクシですが、愛用のフジノン10x70FMT-SX双眼鏡はここのところ年単位で出番がなく、ケースの中のカビ防止剤だけ取り替えているありさまです…。

さて、休館日かつ休日のワタクシは、ここへ行ってきました。
e0164082_18543969.jpg

ららぽーと横浜です!

最寄り駅は横浜線の鴨居。
またハマ線ネタです(笑)。

鴨居という地名、もうひとつあるのご存じですか?
横須賀市の浦賀の近くの?
いえいえ、何のために星の話題を前フリにしたとお思いでしょう?
地球の話じゃございません。

小惑星イトカワにあるクレーターの名前に「カモイ」というのがあるんです。
ここの鴨居にちなんで名付けられたのです。

JAXA(宇宙航空研究開発機構)のプレスリリースによれば、「『はやぶさ』製造の拠点であったNEC東芝スペースシステム株式会社の事業所があった」ことに由来するのだそうです。
「はやぶさ」というのはイトカワを探査して、現在地球に向かって帰還中の探査機の名前です。
で、その「事業所があった場所」というのが、現在ららぽーと横浜になっている場所なのです。

神話の世界では功績を称えられて星座になったものも多いですが、身近な地名がこうやって星になっているのはちょっと不思議な気分ですね。

ちなみに、イトカワには「淵野辺」や「相模原」もあるそうです。
これはもうイトカワにも横浜線を通すしかないですね!(←なぜ「しかない」んだ?)

(可)
[PR]

by tohatsu | 2009-04-27 19:12 | お出かけ | Trackback | Comments(0)  

初日終了!

はい、こんにちは。
抜け殻状態の azul です。

今日は朝から強い雨・・・

雨が降っていると、ハマ発ブログが気になる貴方のために、
今日も私 azul が更新させていただきます。


こんな雨にも関わらず、初日から来てくださった方、
本当にありがとうございます。
明日は幸い晴れるようですので、
今日、この雨で外出を控えられた方も明日は是非!
図録(オールカラー64頁)も絶賛発売中です!

e0164082_17434768.jpg


今回の企画展は長丁場ですから、
このブログで、随時各コーナーの見どころなどを紹介したいと思います。

何の展開もオチもなく、すみません。

今日は抜け殻なので、この辺で・・・


(azul)
[PR]

by tohatsu | 2009-04-25 17:53 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

設営終了!

はい、こんにちは。
azul です。

明日から始まる企画展「横浜建築家列伝」の設営が終わりました!

今度こそ間に合わないんじゃないかと、
内心気が気ではなかったのですが、
優秀な製作・設営部隊に恵まれたおかげで、
なんとこんな時間に余裕こいてブログを書けちゃうくらい、
早めに設営が終わったのです。
図録も無事に今日納品されました!

スタッフの皆さん、本当にありがとう。


さて、今やりたいこと。

1 寝たい
→まあ、そうですね。結構、夜なべ生活してました。

2 家を綺麗にしたい
→ホコリが富士山盛りです・・・

3 スーパーに駆け込みたい
→家の冷蔵庫が空になってからどれほど経ったのか。
 もうス●ーエフのお弁当は食べ尽くしました・・・


ということで、これから健全な精神と肉体を取り戻すリハビリです。

では、ごきげんやう・・・


(azul)
[PR]

by tohatsu | 2009-04-24 20:08 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

展示直前ノオテツダイ


e0164082_22142627.jpgHi! アルです。
企画展の準備がセッパツマッテきて
「猫の手でもアルの手でもいいから借りたい」
と言われ、
アルも残業してオテツダイ。
アルへの期待は猫並みなのネ。

ところで、資料の近くに置いてある解説「キャプション」て言うのネ。
プリンターで打ち出した紙を「のりパネ」に貼って
カッターで切って完成。


e0164082_226408.jpg

こういう作業はスタッフの手作業ナノネ。
アルはてっきり外注してるのかと思ってたネ。
これを釘で展示室の壁に打ち付ける作業をアルバイトさん
(略するとアルネ)と都発の研究員サンと今日は一緒に作業ネ。
アルのおかげで展示室もずいぶんとにぎやかになってきたでしょ。

e0164082_22181083.jpg





ところで、アルが夜食を食べていたら(azul)さんが
「間食か… ボクの人生も間食ばかり……」014.gif014.gifと言って部屋から出て行ったのをアルは
見逃さなかったネ......
ずいぶんお疲れなのネ... 


(アル)
[PR]

by tohatsu | 2009-04-23 22:18 | アルより | Trackback | Comments(0)  

紀要できました!

ショップ担当(可)です。

横浜都市発展記念館紀要 第5号ができました!
e0164082_13172931.jpg

ショップでも本日から販売開始しました。
お値段は例年通り1,000円です。

もちろん執筆者は当館研究員です。
普段ブログに書いている姿からはとても想像できない(?)、マジメな第一線の研究者としての一面が見られますよ~!!

ワタクシですか?
ワタクシはただのオタク事務員ですので、書いてません。

目次は

「アルフレッド・ジェラールと瓦工場」
「都市横浜のモダニズムに関わる文献と覚書」
「百貨店の立地パターンにみる都市構造の変容」
「模倣ジェラール瓦の木製押型」

となっております!

(可)
[PR]

by tohatsu | 2009-04-23 13:30 | ショップより | Trackback | Comments(0)  

「昭和はじめの横浜風景」展スタート


企画展示室で着々と準備が進む「横浜建築家列伝」。
このお手伝いと並行して、常設展示室内の
通称「掘り出し物コーナー」の展示替を進めて
おりましたが、昨日閉館後に作業を終えて本日から無事スタートしました。
題して「昭和はじめの横浜風景 当館所蔵絵葉書コレクションより」。
担当は(岡)さんと私です。

常設展示はなかなか資料の入れ替えがしにくい構造になっていますが、
この「掘り出し物コーナー」では原資料の入れ替えを適宜おこなって、
新発見の資料などを紹介しています。
e0164082_109766.jpg


今回の展示は4月からウェブで公開が開始されている「絵葉書データベース」
と連動したもので、データベースの画像として利用した絵葉書の
原資料(ホンモノ)を実際にご覧いただくことができます。

さて、今回出陳した絵葉書のうちでぜひご紹介したいのは
吉田初三郎が描いた横浜の風景の数々。
下は横浜港に停泊する日本郵船の客船を描写したものです。

e0164082_10111860.jpg



吉田初三郎といえば鳥瞰図で知られている昭和前期の絵師。
正確な構図のなかに遊び心のあるちょっと不思議な絵が持ち味ですが、
川瀬巴水を思わせるような叙情的な絵も描いていたことは
意外でした(吉田は美人画も描いているようです)。
企画展は土曜からはじまりますが、企画展を見終わったあとには
ぜひ常設展示室にもお立ち寄りください。
本コーナーは展示室なかほど、ヨコハマ文化ゾーン手前です。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2009-04-22 10:15 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

ガスくん&ゲスくん

や、野球も、し、仕事の一環、なんで、す…よ?まあ、プレイボール前の1時間で仕事は終わったと言えないこともないですが…。
こんにちは、自腹で最新の一太郎/花子を買って使っている(可)です。
データを変換しないと他の人に送れないのが弱点ですが、15年も使っているともう他に移れないんです…。

京都から西の方からの雨雲が到着する前、晴天に恵まれた当館。
つくしの子も恥ずかしげに顔を出しちゃったりしていました。
e0164082_11102289.jpg

これ、当館の「URANIWA」こと中庭です。

URANIWAには屋外展示もあります。
e0164082_1113031.jpg

「ガスくん」「ゲスくん」と呼ばれる名コンビ!
ガスは何となくわかるとしても、ゲスってなに?と思われた方!!

そのうちきっと誰かが説明してくれると思いますが(と、ネタを振ってみる)、すぐに知りたい方はURANIWAにお越しください!!

(可)
[PR]

by tohatsu | 2009-04-17 11:16 | その他 | Trackback | Comments(0)  

LEGEND

と呼ばれつつある(ウソ) azul です。

また雨ネタかよ!と思われる方もいるかもしれませんが、
ネタではありません。
淡々と事実を申し上げているのです・・・

まさか本当に雨が降るとは思わずに、傘を持って行かなかったものですから、
(そのあたり意外に隙だらけ)
京都のホテルで840円もするビニール傘を買うハメになってしまいました。

「雨の京都も風情があっていいですね」と無理して言ってくれた(吉)さん。
「これから帰ります」と京都から入れた電話の向こうで、
必死に笑いをこらえていた(可)さん。

あなた達はまだ本当のLEGENDを知らない・・・


(閑話休題)
e0164082_2228190.jpg

















東寺で御座います。





さて、資料の集荷も目途がつき、
展示図録の制作も終わりが見え始めると、
いよいよ設営!となるわけですが、
その前にパネル貼りの作業が待っています。

展示をご覧になった方はわかるかと思いますが、
私たちの展示では、パネルはほぼ自前で製作しています。
イラストレータやフォトショップなどのソフトを使って、
(たまに一●郎を駆使する人もいますが・・・)
自分たちでパネルの元となるデータを作り、
それを大きなプリンタで打ち出します。
ロール紙をセットできるようになっているので、
防炎クロスを使うと、垂れ幕だってできちゃいます。

展示担当がデータを作っては打ち出し、
製作部隊がそれを次から次へとパネルに貼っていく。
ですから、製作部隊のスケジュール確保も、展示担当の大事な仕事。

みんな野球を見に行ったりしないで手伝ってね・・・


(azul)
[PR]

by tohatsu | 2009-04-16 22:40 | お出かけ | Trackback | Comments(0)