<   2009年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

ウォース・シスターズ

現在横浜絵葉書データベースの第二次公開分の解説執筆に
とりかかっていて、資料と向き合う日々が続いています。
なかなかブログにいいネタがなく、ついつい日を過ごしてしまいましたが、
調査過程でわたしたち都発にとって少しだけ興味深いネタを発見しましたので、
ここでご報告します。


e0164082_1123473.jpg


この写真は当館の常設展示をご覧になったことがある方ならご存知、
ウォース姉妹です。
この写真の出典は『横浜グラフ』(当館蔵)でそのキャプションには

 【美しき混血の踊子姉妹】
  ―唄と踊のウオース・シスター来る―

 十三日午後横浜に入港した秩父丸で美しい二人のダンサーが来朝したが
 彼女達はウォース・姉妹といつて香港 上海を振り出しに各国を踊りと歌で巡遊の途中寄港したもので
 日本では新橋ダンスホールで招聘十六日から十日間
 同ホールでソシアルダンス及ステージダンスのエキジビジヨンを行ひ
 其後某大劇場へアトラクシヨンとして出演の契約もなつたが
 四号岸壁には新橋ホール及横浜メトロポリタンのダンサーが多数出迎へしたが
 メトロポリタンにも来演の予定でる(ママ)
 (写真秩父丸船上のウオース・シスター)9.6.13


とあります。

彼女たちは昭和9年6月13日に秩父丸で横浜へ来航、
横浜メトロポリタン(弁天通り1丁目に昭和4年に開場したダンス・ホール。
この時点ですでに「横浜で一番古株のホール」『大横浜』となっていました)
において出演することが
ここでは報じられていますが、彼女たちの横浜での活動に関するこれ以上の情報を
わたしたちはつかんでいませんでした。

ところが、絵葉書関係の調査で『横浜貿易新報』を見ていたところ、7月1日にこんな記事がありました。

 ホテル・ニユーグランドのキャバレー大評判
 十万円で新装の
 ルーフ・レストランけふ開業
 ワース姉妹の唄と踊りも好評

 日本の規則にないと云ふ理由で許可するとか、しないとか相当問題となりかゝつた、
 ホテル・ニユーグランドの『キヤバレー』も到頭本格になつて
 今ではミナト名物の第一にも算へられるやうになり、
 十万円を投じた新装のルーフ・レストラン』が出来上つて
 七月一日から開業することになつたのを機会に
 キヤバレーを屋上に移し夏のスペシアルアトラクシヨンとして
 既報の通りリリアン・ワース(二三)バージニア・ワース(二一)
 の姉妹の歌と踊を看板に南加気分をフンダンに盛つて
 外人は無論江戸ツ子浜ツ子をアツト言はせやうと云ふ計画


このワース姉妹は『横浜グラフ』のウォース姉妹と同一人物と思われます。
つまり、姉妹は新橋ダンスホールでの興行後、横浜に戻ってきてホテル・ニューグランド屋上の
キャバレーに出演したようなのです。

開催中の企画展でホテル・ニューグランドは屋上部分にモーガンがスペイン風の増築を
施した(昭和8年)ことで触れられています。しかし、そこにキャバレーがあり、ウォース姉妹がダンスを
踊ったことは担当のazulさんもご存知ないようでした。

新聞に報じられていることなので、さほどの大発見とは言えないのかもしれませんが、
この事実、ウォース姉妹に馴染み?を感じていたわたしたちにとっては、ちょっとした発見だったのです。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2009-06-30 11:07 | 調査余話 | Trackback | Comments(0)  

歩いてますか?

はい、こんにちは。

今日も雨ですね・・・あっ、また(可)さんに先を越された!
なんだか激しくヨイショされているように感じる「スゴいヤツ」 azul です。


中村俊輔選手にフラれた格好のマリノスでは、
交渉に失敗したフロントに対して監督が激怒していますね。
もし移籍が実現していれば、先週のレッズ戦でお披露目だったそうですが、
自分のコンディション無視のマリノス側の先走った営業活動に、
俊輔選手が不快感を示したとか。

欧州リーグの移籍ニュースを見ていると、
常勝を義務づけられているビッグクラブほど大変なようです。
チーム補強のために何が必要かという議論以前に、
フロントがスター選手を獲得してきてしまう。
しかも現場の監督は結果を出さなければいけない。

でも、いい結果をもたらすのは、
決してスター選手の数ではなく、現場のチームワークなんです。


・・・って、何の話をしようとしていたんだっけ・・・?


そうです、27日土曜日の話です。
この日、読売新聞と開港資料館との共催講座がありました。
「資料が語る横浜開港」というテーマの連続講座なのですが、
最終回を私が務めさせていただきました。

会場が開港資料館の講堂でしたので、
関内地区に残るさまざまな歴史遺産(建物や公園など)を、
幕末から戦後まで、時代ごとに紹介していきました。

私が専門としている建築史学では、建物がひとつの「資料」ですから、
歴史的建造物の「実物」を見ることは、何よりも大きな収穫が得られます。
各地の建物を見学してまわることだって大事な勉強なのです。
よく取材で「ふだんのご趣味は?」なんて聞かれますが、
決まってこう返します。
「建物を見て歩くことですね」

・・・はい、かなり脚色しております・・・
死んだように一日寝てることも多いです・・・

建築史の有名な先生の言葉に、
「建築史学とは、読んでいるか、歩いているか、だ」
というのがあります。
さまざまな歴史資料を調べることも大事だけれど、
どれだけ実際の建築を見て歩いているかが、
幅広い着想につながってくるわけです。

その意味で、横浜はたくさんの素材にあふれた素晴らしいフィールド。
自己研鑽のためには、もっともっと歩いて歩いて、
歴史の襞に分け入っていかねばなりませんね。


(azul)
[PR]

by tohatsu | 2009-06-28 17:59 | その他 | Trackback | Comments(0)  

文明開化語

明日の休館日には自転車をガッツリ整備しようと思っていたのに雨予報でガッカリ、せめてショップは売上ガッポリといきたいガッチリ屋の(可)です。

気がつくと、紹介するものがたまっていて慌てます。
本日は、コチラ。

e0164082_1532776.jpg


「珍版 文明開化語辞典」

新刊ではありませんが、当館では新登場です。
内容的には、昭和戦前期が中心の当館よりも横浜開港資料館の守備範囲に近い商品ですが、お遊び要素がある商品を増やしたかったので入れてみました。

開港に伴ってたくさん入ってきた外来語を、先人たちは「宛字」をして日本語に取り込んでいったのですが、この本はそれらを集めたものです。

珈琲とか麦酒とか瓦斯とかは、ワタクシも読めますけれども…

土瀝青とか鬱金香とか甘蕪とかは読めませんでした~!
ワタクシより優秀なワタクシのATOKも変換できませんでした。
ちなみに、「瀝青」だとATOKは変換します。さすがだ…。

一番わからなかったのが「業平」。「なりひら」じゃないんですよ。

そんな感じで、開港150周年を機に、たまにはアタマの体操などいかがでしょう。
1,050円です。

これもごめんなさい、当館オリジナル書籍ではないので通販のお取り扱いはしていません。

(可)
[PR]

by tohatsu | 2009-06-28 15:33 | ショップより | Trackback | Comments(0)  

もうひとつのDVD

ショップ担当(可)です。

ひとつ前の記事のとおり、当館のDVD第2弾の発売日が7月1日に決まりましたが…
じつは、もう一つDVDを扱いはじめました。

それが、こちら。
e0164082_1455463.jpg


「横濱を旅する…昭和のはじめ」と題されたこのDVD。
当館がつけてもおかしくなさそうなタイトルですが、特に制作には関わっていません。
当館の映像は戦後ですが、こちらは戦前。
個人の方が撮ったフィルムをもとに編集して、約45分の番組になっています。
戦前の町並みや市民の日常生活も垣間見られてとっても興味深いですよ。
お値段は1,800円です。
なお、コチラの商品は通販のお取り扱いはできませんのでご了承ください。


DVDを紹介するためにはまず見てみなくては…と、サンプルディスクを借りて帰ったその日、書店で買った自転車雑誌にも先月行われたツアー・オブ・ジャパンの総集編DVDがついていてすっかり寝不足に。
ツアー・オブ・ジャパンでは、ワタクシが応援しているチーム「宇都宮ブリッツェン」はいい成績を残せませんでしたが、自転車では珍しく実業団ではない地域密着型チームとして注目しています。
我々に例えれば。
選手はやはり研究員ということになります。
市民の応援を受けるためには、選手には「スゴいヤツ」でいてもらう必要があります。
雑事に追われて研究が疎かにならないようにサポートせねば…と、心意気だけは立派な(可)でした。
行動が伴ってないと言われそうですが~!

(可)
[PR]

by tohatsu | 2009-06-27 14:50 | ショップより | Trackback | Comments(0)  

「映像でたどる昭和の横浜」シリーズ第2弾!「都市の交通」

 DVD「映像でたどる昭和の横浜」シリーズの第2巻「都市の交通」を7月1日(水)より当館ミュージアムショップにて発売いたします。第2巻では、昭和20年代から60年代にかけて、市電や地下鉄、バス、道路、駅などに関する映像を集成しています。

 【主な内容】 計53番組115分
ワンマンカー(昭和27)/市電の延長工事始まる(昭和29)/東海道に有料道路(昭和30)/横浜市に初のトロリーバス(昭和34)/待望の根岸線開通(昭和39)/市電の話題ふたつ(昭和41)/新しい市民の足・地下鉄-計画編-(昭和44*記録映画)/地下鉄と高速道路(昭和46)/横浜-上永谷24分 市営地下鉄(昭和51)/出発進行-東戸塚駅-(昭和55)/便利になった横浜駅(昭和56)/ほか

定価は第1巻と同じく1500円(税込)です。どうぞご期待ください。

e0164082_15112994.jpg 
[PR]

by tohatsu | 2009-06-25 15:14 | お知らせ  

超満員・・・

はい、こんにちは。
今日二度目アップの azul です。

ついに中村俊輔選手のスペイン行きが決まりました。
古巣のマリノスも獲得間近だったようですが、
最後になってフロントがドタバタしちゃいましたね。
残念。

でも、来シーズンのスペイン・リーグで、
俊輔選手がバルセロナやレアル・マドリーと対峙するのを見るのは、
一ファンとして非常に楽しみ。
これまで以上に活躍してほしいものです。


さて、20日(土)に大倉山記念館で開催された、
マルコス・フェルナンデス氏の「空間を奏でる:建築物のための音楽」ですが、
なんとホールの定員80名を上回る方がいらして、
途中で入場をお断りする状況になってしまいました。

タウンニュースや朝日新聞に記事が出たこともあり、
事前の問い合わせがずいぶんあったようですが、
当日は、19時開演のところを18時頃からすでに行列が!
マルコスさんが早めに受付を開始したところ、
あっという間に80名分のチケットが無くなってしまいました。

そういう私も、実は会場に入れませんでした・・・。
撮影係を兼ねて、立ち見くらいできるかなと思っていたのですが、
なんと扉から一歩も足を踏み入れられないほど、ぎっしりと人が・・・。
なので、残念ながらパフォーマンス中の写真はありません。

e0164082_17265363.jpg

















リハーサル中の
マルコス・フェルナンデス



それどころか、ホールの中で何が起きていたのか、
肝心のパフォーマンスの中身も一切わからないという・・・
すごいオチですみません。

彼らは終了後、次の公演先の京都に旅立ちましたが、
今回のプロジェクトは、一つの映像作品としても制作するのだとか。
私や吉田鋼市先生へのインタビューも含め、
各地での演奏の様子が紹介される内容(のはず)です。

フェルナンデス氏と祖父長野宇平治との、音を通した会話。
今回、体験できなかった方も多いでしょうから、
ぜひ第二弾を期待したいところです。


(azul)
[PR]

by tohatsu | 2009-06-22 18:35 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

大倉山講演会、第2回終了

はい、こんにちは。

頭痛のタネなら誰にも負けないエース azul です。
今月は本当にいろんな企画が目白押し。
私も毎週のように展示案内と講座を繰り返していて、
少々喉の調子がおかしくなってきました。
(え?泡入り飲料の呑み過ぎだろうって?)

さて、ご報告が遅くなりましたが、
20日(土)は大倉山講演会の2回目でした。

今回は横浜国立大学の吉田鋼市教授をお迎えして、
「長野宇平治と大倉山記念館」という題で、
記念館の建物について詳しくお話いただきました。

世にも珍しい、エーゲ海のクレタ・ミケーネ文明の建築様式を、
設計者の長野宇平治は採り入れたわけですが、
吉田先生は、当時発行されていた(つまり長野が入手できたはずの)文献をもとに、
記念館の建物の細部が、どれほどクレタ・ミケーネの様式に忠実であるか、
ひとつひとつ丁寧に説明してくださいました。

また、クレタ・ミケーネ様式以外にも、
古代ギリシャやペルシャの細部装飾が用いられていること、
二階の階段手すりのデザインは、今もって典拠がわからないことなど、
記念館の建物をわかっていた気になっていた私も、
あらためてディテールの謎に引き込まれてしまいました。

そして最後に登場した、”ギリシャにもあった”クレタ・ミケーネ様式の近代建築!

む・・・

先生もおっしゃっていましたが・・・かなりビミョー・・・
これは是非、現地調査に行くしかないですね!
誰か、私をギリシャまで連れてって!!

吉田先生、貴重なお話をありがとうございました。

さて、先生のお話が終わったあとは、夜7時から、
長野宇平治の孫、マルコス・フェルナンデス氏によるパフォーマンス、
「空間を奏でる:建築物のための音楽」。

その話は後ほど・・・

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2009-06-22 16:11 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

写真集『昭和の横浜』登場!!

お久しぶりです、ショップ担当(可)です。
いえ、休暇を取っていたわけではなく、単にネタがなかった だけです。
DVDも外国人住宅図も(岡)さんが紹介文を書いてくださったし…。

ただいまショップはフランス月間真っ最中(コチラも見てくださいね)。
横浜でフランス月間が終わると、フランスではツール・ド・フランスが始まります。
自転車ロードレースは個人戦ですが実際のところ団体戦でもあります。
チームにひとりいる「エース」を勝たせるために、残りの「アシスト」は風除けになったり、ライバルチームに揺さぶりをかけたり、補給食を運んだり、いろいろなサポートをします。たとえ途中で自分が力尽きても。
同じジャージを着た者が勝てば、それが自分でなくても構わないと考える、そんな世界なのだそうです。

私たちの仕事で言えば、展示担当者がエース。ワタクシを含め他の職員がアシスト。
どんなに強力なエースを擁しても、周りを固めるアシスト陣がふがいなければ勝てないのはたぶん同じ。
「横浜建築家列伝」の会期も3分の1を消化し、もう一度気合いを入れ直そう…なんて思った(可)でした。


さて、前置きが長くなりました。

新商品です!!

e0164082_1538488.jpg


この表紙と目が合ったらアナタはもう買わずには帰れない……。

ワタクシたち「横浜市ふるさと歴史財団」の職員もいる横浜市史資料室が発行した写真集『昭和の横浜』です。
『横浜市史Ⅱ』編集時の資料から、昭和の写真を収録したもので、3cm以上の厚みがある豪華本にもかかわらず、お値段なんと2,000円!!

ワタクシは'89年の横浜博覧会の写真が懐かしくて見入ってしまいました。
それにしても、これは書評が難しい本です。
本を読んだ感想は、多かれ少なかれ一定の傾向があるものですが、これは年齢や横浜在住在勤歴、お住まいの地域、あるいはまた別の要素によって、見る人それぞれが全く違った思いを抱く本だと思います。
とにかく一度、ご覧ください!!

(可)
[PR]

by tohatsu | 2009-06-19 16:03 | ショップより | Trackback | Comments(0)  

大盛況でした!

はい、こんにちは。

海の向こうのスペインでは大変なことになっていますね。
レアル・マドリーがブラジル代表カカを、とんでもない移籍金額で獲得。
さらには人気絶頂のポルトガル代表C・ロナウドまでも・・・

かつての銀河系軍団の再興をめざす会長が欲しいのは、
「たくさんユニフォームが売れるスター」
昨シーズン、欧州を席巻したライバル・FCバルセロナの原動力が、
下部組織で育て上げられた選手と監督だったのとは、まさに対照的。
なんだか現場を預かる監督さんが気の毒で、
ペジェグリーニ新監督だけは応援してあげたくなってきた azul です。

さて今日は、6月の展示解説でした。
特別講師の水沼淑子先生の人気大爆発で、
驚くほどたくさんの方が話を聞きにきてくださいました。

e0164082_1922870.jpg











私はいずこ・・・


e0164082_19233779.jpg











先生にバトンタッチ


e0164082_19243167.jpg









およそ90分
展示解説の最長記録です・・・


いやもう、展示室が狭いもので熱気ムンムン。
解説の最中はきちんと資料も見られなかったと思いますが、
皆さん、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

そして水沼先生、お忙しいなかを駆けつけてくださり、
本当にありがとうございました。
展示解説どころか、講座レベルの密度の濃いお話をいただき、
私もあらためて勉強させていただきました。


・・・それにしても、モーガンの年齢詐称には、ちとビックリ。
外国人墓地の墓碑だって、1873年となってるのに・・・
え、名前もJay "Hill" Morgan じゃないんですか・・・?

先生のご著書『ジェイ・H・モーガン アメリカと日本を生きた建築家』には、
そんな誰も知らなかった新事実が満載です。
まだ書店には並んでいないそうですが、当館のショップで絶賛発売中!
プレミア好き?は今すぐ当館へ!
展示図録『横浜建築家列伝』も合わせ技で!!

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2009-06-13 19:34 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

「昭和はじめの横浜風景」展示替えをおこないました

当館常設展示室4階で地味に開催しております
掘り出し物コーナー「昭和はじめの横浜風景」
(当館の所蔵する昭和戦前期の絵葉書を紹介する小さい展示です)
の展示替えを今朝おこないました。

今回の目玉は以前このブログでもお伝えした(コチラ)、岩手県に疎開する子供たちに
あてて横浜の父から送られた絵葉書(昭和20~21年頃)。

e0164082_925064.jpg


心温まる文面を実際にご覧になっていただければと思います。

そのほか、日本郵船の優秀客船新田丸(昭和15年竣工)の就航記念絵葉書、
昭和2年10月に横浜沖でおこなわれた
大観艦式(海軍の艦船を天皇が親謁すること)
など港に関する絵葉書。
そして開国博Y150にちなんで
戦前の最大級の博覧会、復興記念横浜大博覧会(昭和10年)
のカラー絵葉書を展示します。

e0164082_9272445.jpg


企画展のついでに常設展示室にもお立ち寄りいただけたらと思います。
もう、企画展は見てしまったけれど・・・という熱心な当館ファンの皆様、
本展示は常設展示料金(200円)のみでご観覧になれます。

なお、横浜絵葉書データベースも着々と作成を進めています。
こちらは6月中をめどに第3次公開をおこなう予定です。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2009-06-12 09:33 | お知らせ | Trackback | Comments(0)