<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

「南海電車展」

 先日、1月5日から3月8日まで開催中の企画展「南海電車展」にご招待をいただき、奈良県にある天理大学の付属博物館の天理参考館に行ってまいりました。個人の収集した切符やパンフレット、チラシ、鉄道部品などの資料で展示が構成されています。
 南海電車、つまり南海電気鉄道は創業が阪堺鉄道時代の明治18(1885)年。現存する日本の私鉄の中で最も古い鉄道です。ただ、滋賀県出身の筆者にとって、関西大手私鉄のなじみ度順位は、①京阪、②近鉄、③阪急、④阪神、⑤南海となります。つまり、一番なじみのない私鉄になるわけです。
 しかし、今回の展示を見ることで改めて理解を深めることができました。とりわけ興味深かったのは、明治時代の紀和鉄道買収をめぐっての資料の展示です。南海鉄道(阪堺鉄道の後身。南海電気鉄道の前身)は紀和鉄道を買収しようとするのですが、断念。紀和鉄道は結局、関西鉄道に買収され、そのすぐ後に関西鉄道が国有化されてしまう。紀和鉄道の線路は現在のJR和歌山線にあたります。もしこの時、南海鉄道が紀和鉄道を買収していたら、巨大化した南海鉄道は間違いなく国有化されていたのでは、といった推測がされていました。
 そうすると、現在の南海電気鉄道は存在せず、JR南海線となっていた。現在のJR阪和線は私鉄のままで・・・とさらに推測がふくらみます。
 休日を利用して横浜からわざわざ出かけた価値が大いにあったように思います。ご招待ありがとうございました。また、明治時代の南海鉄道の切符に模した入館記念切符(硬券)もいただきました。大切に保管したいと思います。                              (岡田)
[PR]

by tohatsu | 2010-01-29 10:03 | お出かけ | Trackback | Comments(0)  

フクゾーのお買い上げ明細書

去年の6月の日本大通りタイムストリート。
わたしたち都発もブース「昭和の横浜」を出店し、
(Ryo)さんがハマトラ「3種の神器」のひとつ、
「フクゾー」の開襟シャツを身にまとい登場しました。
事前にブログで告知したところ、
「ハマトラの方は(今は)いらっしゃらないのですか」
などと聞かれることもあり、けっこう反響がありました。

そのフクゾーの、昭和11年の「御買上明細書」を、
いま整理している資料のなかに発見しましたので、ここでちょっとご紹介します。


e0164082_14482916.jpg



フクゾーといえば元町の代表的な洋品店ですが、
このころは常盤町に店があり、
「婦人子供洋装 東コート ワイシヤツ」
を主に取り扱っていたことがわかります。
この明細書も、どことなく昭和モダンな感じがしませんか。

ちなみに、この明細書の宛先「久米様」は
大正・昭和の流行作家・久米正雄のことです。
久米はこの頃鎌倉に住まいを構えていたのですが、さまざまな商品を横浜の
商店で購入しています。
この明細書はフクゾー(あるいは横浜の商店)の「商圏」が鎌倉までひろがっていた
ことを示すひとつの証拠でもある、とも言えます。
なお、この史料群の詳細については、今年度の紀要にて紹介する予定になっています…
というか、今整理していていいのかという気が段々してきましたが……

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2010-01-28 14:51 | 調査余話 | Trackback | Comments(0)  

ジェラール肖像写真

はい、こんにちは。
案の定、展示が始まって抜け殻状態のazul です。

そうそう、感謝の言葉はアルにもかけてあげなきゃね!
ごめんなさいね、アルが陰ながら手伝ってくれていたのは、
ちゃんと分かっているよ! いつもありがとう!!
でもね、あのパネルはデータベース事業の基礎資料として作ったのであって、
決してあやかちゃんのために作ったわけでは・・・ゴホゴホ

さて、無事に展示がオープンしたので、
このブログでも少しずつ紹介していきたいと思いますが、
前回の「横浜建築家列伝」のときは、
「展示のみどころを随時ブログで紹介していきまーす」
なんて言いながら、見事に1回しかやりませんでしたので、
今回は肩肘はらず気楽にやっていこうと思います。

さて、Ryoさんも紹介してくれたとおり、今回の図録はA5判のハンディタイプ。
ふだんはポスターのデザインを踏襲した表紙にするのですが、
さすがに、このサイズだとインパクトに欠けてしまうので、
どどーーーんと、ジェラールさんの顔写真をメインにしました。

e0164082_15234165.jpg

この肖像写真、フランスの軍事顧問団の一員として来日していた
陸軍大尉ルイ・クレットマン(Louis Kreitmann)が横浜を離れる際に、
ジェラールがプレゼントした手札写真で、
横浜の写真史にその名を刻むシュティルフリート(Stillfried)が興した、
日本写真社(Japan Photographic Association)で撮影されたもの。
このときジェラールは41歳。まさに壮年期の姿です。
写真の裏には、ジェラールの直筆で1878(明治11)年5月14日の日付が書き込まれており、
この写真を贈ってから間もない7月1日に、ジェラール本人も横浜を後にするのでした。

写真のオリジナルは、ルイ・クレットマン・コレクションとして、
パリにあるコレージュ・ド・フランス日本学高等研究所が所蔵しています。


(azul)
[PR]

by tohatsu | 2010-01-26 15:24 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

ブックフェア開催中!

みなさんこんにちは!
Ryoです。

先週はとっても暑い日もありましたが、やはり冬・・・また寒さが戻ってしまいましたね。
お隣の情文センターの警備員さんが日向ぼっこをされている姿が「●ィーア●ャットみたい」037.gifとみぃさん。・・・確かに(笑)


さてさて、昨日azul センセの展示が無事始まりました。
「あれ?始まったのに雨降らないね」とか、「センセイもお疲れでパワーがないのねー」などとささやかれていますが、みなさまにとってはお出かけ日和が続くのは嬉しいですよね。
このまま、すべてのイベントが晴れますよーに(祈)


今回もミュージアムショップでは、関連書籍の販売を行っています。
書店さんで買えない本もあります。
是非、Book Fairにお立ち寄りください。

e0164082_13281385.jpg


「西洋館とフランス瓦」展示の図録は、かわいらしい “A5判”サイズ。 “28ページ” “500円” です。
じぇらーるさんが目印!
azul センセの論考が収録された書籍も扱っています。azul ファン必携ですっ053.gif

ミュージアムショップは、都市発展記念館とユーラシア文化館、それぞれの企画展に合わせて商品の配置を入れ替えています。
現在は、入って右側の棚から反時計回りに都市発展記念館の商品が並び、続いてユーラシア文化館の商品が並んでいます。

e0164082_14191352.jpg


ショップもぐるりとご覧ください。「おおっ!こんなものがこんなところに!!」という、ドキドキの出会いがあるかもしれませんよ049.gif

では、また。

(Ryo)
[PR]

by tohatsu | 2010-01-24 14:23 | ショップより | Trackback | Comments(0)  

設営終了!

はい、こんにちは。
azul です。

明日からの企画展「西洋館とフランス瓦」の設営が終わりました!
なんと前回の「建築家列伝」を上回るタイムっ! ←Ryoさん風に

って、別に競争をしているわけではないのですが、
●キ●●展のときは徹夜で設営をしてホントにきつかったので、
こんな明るい時間に、しかも定時に帰れてしまうなんて、
なにかうっかり忘れているのではないかと、逆に心配したりします・・・

それもこれも、みんな製作&設営部隊のおかげ!

鬼神と化してパネルを貼り続けてくれた(岡)さん、
設営では頭脳プレーの連発だった(吉)さん、
行灯ケースの陰にこの人あり、隣りのアルことhacoさん、
この人の登場で作業スケジュールが一気に縮まった、
隣りのアル2号ことnaoさん、

そして、この人の前では誰もがひれ伏す、三殿台の坂上師範代
自家用車に容赦なくジェラールの土管を積んで、トハツまで運んでくれた、
埋蔵文化財センターの鈴木所長

皆さま、本当にありがとうございました。

さて、初日が楽しみです。
たくさんの方のご来場をお待ちしております!


(azul)
[PR]

by tohatsu | 2010-01-22 18:16 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

準備風景

みなさまこんにちは。
Ryoです。

いよいよですねーazulセンセー展示の開幕!!
展示の準備も大詰めですが、館内の掲示物やshopなどいろいろ模様替えも急ピッチで進められています。
デザインセンス“ゼロ”のワタクシ・・・入館料金表やプライスカード、入口の垂れ幕の作成に四苦八苦007.gif

いろいろな所に苦労の跡が見られます。
展示を見にいらして、「これかーーーセンスねえなーーー」などと思っても、決してアンケートに記入しないでくださいね028.gif

ちなみに日本大通り駅の改札を右手に出ると、左側にポスターが掲示されています。これもワタクシ作なのですが。。。ちょっと目立たないので、時間にゆとりができたら作り直そうとひそかに考えています。

先程、shopのプライスカードが出来上がったので、ちょっと展示室を覗いてきました037.gif

e0164082_16451251.jpg

壁のパネルはバシバシ貼られていますが・・・


e0164082_16484382.jpg

まだまだ、テンバコも山積み・・・

このあともazulセンセーたちの作業は延々(?)続きます。頑張れ~!!

ちなみに中庭からも駅側からも目印はこんな感じ!

e0164082_17194215.jpg


e0164082_17195371.jpg



お待ちしております。

(Ryo)
[PR]

by tohatsu | 2010-01-21 17:20 | 日常業務 | Trackback | Comments(0)  

あと一週間!

はい、こんにちは。

いよいよあと一週間で展示オープンです。
この時期、展示担当は心身ともに疲労がピークに達しつつあり、
仕事に凡ミスが続いたり、思わぬ事態に右往左往していたり、
とにかく大変な時期なのです。

決して鼻の下を伸ばしたりする余裕などない(はずの) azul です。

さて、資料借用の旅はひととおり終わりまして、
あとは当財団の諸施設で保管されている資料を集めるのみ。
もう一息です。

ここでちょっと旅の一幕をご紹介。

e0164082_15395298.jpg

深谷の旧日本煉瓦史料館にて、
煉瓦を成形するときの叩き板をお借りしているところ。
この叩き板の柄の部分に、有名な「上敷免製」の陽刻があります。

そして、もうひとつ。

e0164082_17301413.jpg

かながわ考古学財団の野庭資料室にて、
山下居留地遺跡の出土遺物を選んでいるところ。
今もドイツにある「ヴィレロイ&ボッホ」社製のタイルです。
ドイツの本社には当時のパターンブックが残されていて、
それを見ながら出土したタイルを組み合わせていくと、
ご覧のとおり、素敵な模様が!


こうして集荷してきた資料は、収蔵庫の前室に仮置きされ、
展示室の引き渡しが終わるといよいよ設営!!

・・・の前にまだいろいろと制作するものがあるのです・・・


(azul)
[PR]

by tohatsu | 2010-01-16 17:31 | お出かけ | Trackback | Comments(0)  

「ヨコハマ調査隊」アラワル!

おはようございます。
Ryoです!

朝から“ビシッ”と決めているazulセンセイを発見!!
ここのところ展示準備でお忙しく、とってもお疲れ感が漂っているのですが・・・
今日はちょっと“ルン”053.gifって感じ(笑)

それもそのはず、今日はJ:COM横浜の地域情報番組「はまっこアイ」の取材があったのです。

e0164082_10492150.jpg


視聴者や町の人たちの【?】に答えるコーナーがあり、そこでazulセンセイが解説を行いました!
レポーターの田原彩香さんの質問にとってもにこやかに答えておりました!
e0164082_10543791.jpg


テーマは「山手地区の番地の謎?」
放送期間は来週18日(月)~24日(日)
放送時間は、初日は19:00~
月・水・金・日は、11:00~、19:00~、23:00~
火・木・土は、9:00~、15:30~、22:00~


J:COM横浜をご覧になれる方は、是非azulセンセイの伸びた鼻の下を・・・イヤイヤ丁寧な解説をみてみてくださいね037.gif

最後に 昭和9年の横浜 ~『横浜グラフ』に見る75年前の世相~ も彩香さんにみていただきました!
e0164082_1125344.jpg


次の展示の紹介もして頂けると思います!みなさまお楽しみに003.gif

(Ryo)
[PR]

by tohatsu | 2010-01-14 11:24 | 日常業務 | Trackback | Comments(0)  

いよいよ・・・

はい、こんにちは。

最近どういうわけか、職場内のオヤツの流通が、
とても盛んになったように感じます。
机まわりに積もっていくオヤツの山を見ているうちに、
このまま冬眠したくなってきた azul です。

さて、今日はユーラシア文化館の企画展
「EurAsia 3000年 海と陸のシルクロード」の最終日。
土曜日に朝日新聞に掲載された効果もあって、
たいへんな賑わいでした。

さあ、次はいよいよ私の出番。
オープンまで、2週間を切りました。
だんだん気合いが入って・・・・
・・・いくどころか、まだ◎△の◇☆とかやっています・・・

今週は、しばし資料借用の旅がつづきます。
残り1週間を切ったところで、またご報告ができるでしょう。
それまで、ごきげんやう。

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2010-01-11 18:25 | その他 | Trackback | Comments(0)  

シタミ、ゴホウコク

「ハマ発ブログ」の読者の皆さん、ハッピーニューイヤー!
アルです。今年もヨロシクお願いシマスネ!

さて、バスツアーの下見、実はアルも一緒に車のトランクに乗って
いたノヨ。
いろいろ写真も撮ったから、アルからもゴ報告ネ。

天気は晴れていたけれど、とーーっても寒ヨ~。
アルはスリランカ出身だから、寒いの、苦手ネ。
あ、でも(Ryo)さんの抱きクッション?、あったかそうだなあ~
お菓子もたくさん持ってるけど、アルにはくれないのかな?


e0164082_16224470.jpg


富岡製糸場のオススメは普段見られないこの水槽ネ。
リベットがアルのようなマニアにはたまらないのヨ。
水槽の下にも潜れそうだけれど、案内の方に目でとめられたから
入らなかったネ。
見学はほとんど屋外だから、絶対に着こんでいかないとダメヨ。

e0164082_1623530.jpg


深谷のアルのお気に入りはこの地下の秘密基地ネ。
上から煉瓦が落ちてきそうでdangerousだったけど、
こういうところも、アル好きヨ。これは煉瓦を焼く窯なんだっテ!!
なんでも2日の公開で3000人入ったっていうヨ。
ここもバスツアーでは入れるんだって。お得ダネ。

バスツアーにはアルも行くからよろしくネ!!

(アル)
[PR]

by tohatsu | 2010-01-10 16:24 | アルより | Trackback | Comments(0)