<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

フランス"瓦"紀行 その2 ジェラール財団にて

「フランス"瓦"紀行 その1」は こちら

というわけで、ランスで朝を迎えた私とムッシュウ・カトーですが、
なんとジェラール財団の会長御自らが、
私たちが宿泊しているホテルまで迎えに来てくださるというので、
約束の時間までのあいだ、朝のランスをちょっと散策。

行き先はもちろん大聖堂です。

中世の教会建築といえばこの人、ムッシュウ・カトーから、
大学では絶対に教わらない大聖堂の見どころを、
贅沢にもマンツーマンで教わりながら見学。

e0164082_10241171.jpg


















←カメラを構えるムッシュウ
 
朝の大聖堂は
観光客もいなくてとても静か

e0164082_10242715.jpg



















正面上部の薔薇窓を
内部からパチリ


ランスの街は、第一次世界大戦でドイツ軍の爆撃を受けていますので、
大聖堂も大戦後にかなり修復の手が加わっています。
有名なシャガールのステンドグラスは、そのひとつですね。
ジェラールの蔵書も空襲で大きな被害を被ったといわれており、
大戦のさなかの1915年3月、ジェラールは亡くなっています。

さて、朝の散歩を終え、いよいよ約束の時間です。
事前にフランス語で自己紹介のセリフを必死で暗記したのですが、
BMWに乗って颯爽と登場したワルボム会長を前に、
結局「はじめまして」しか言えず・・・

到着したのは、ランス農業会館(Maison des Agriculteurs)。
ジェラール財団の運営する農業サークルが入っている建物です。
さっそくジェラールの蔵書が保管されている図書室に案内されたのですが、
なんと図書室にはジェラールの胸像が!

e0164082_10324989.jpg




















晩年のお顔です

そうです、ジェラールはこの街では、
農業の発展に貢献した人物として顕彰されているのです。
ジェラールの死後、彼の遺産をもとに現在の農業サークルが設立されるのですが、
おさめられた蔵書も農業技術関係のものが中心で、
不思議なことにフランス瓦の香りはあまり漂ってこないのです。

「君はなぜ瓦に関心をもつようになったんだい?」

ワルボム会長がまっさきに尋ねてきた言葉です。
私はジェラールのフランス瓦が日本で初めての西洋瓦であり、
横浜の洋風建築を特徴づける大きな要素であること、
そして、今も多くの工事現場から破片が出土していること、
などなど熱く語ったことを覚えています。

e0164082_10221629.jpg









左から三人目がワルボム会長
左端は不肖azul です
photo by ムッシュウ


図書室でジェラールの蔵書の一部を見せていただいたあと、
再びワルボム会長のBMWに乗り込み、郊外の墓所へ。
念願の墓参りのときが近づいてきました。

・・・つづく・・・


(azul)
[PR]

by tohatsu | 2010-02-20 10:42 | お出かけ | Trackback | Comments(0)  

関東大震災の記憶

はい、こんにちは。 azul です。

今朝起きて部屋のカーテンを開けると、外は雪!
家の近くの学校グランドにも雪が積もっていて、
これは久しぶりに雪合戦ができるぜ・・・と期待?したのですが、
出勤してみると、関内はすでに雨。
最近はなかなか積もりませんね。

先週の土曜日(2/13)も、朝はこんな雪混じりの雨でした。
この日、横浜市中央図書館の地下1階ホールで、
横浜市史資料室主催のシンポジウムが開催されました。
横浜・関東大震災の記憶」と題されたこのシンポジウム、
当館の(岡)さんが報告をするというので、
(吉)さんに留守番をお願いして、聞きに行ってきました。

冷たい雨の降る寒い一日でしたが、会場はたくさんの人!
当館によくいらっしゃる常連の方の顔もチラホラで、
関東大震災というテーマが、広く一般市民から、
大きな関心をもたれているのだなと実感しました。

シンポジウムは、まず横浜市大名誉教授の今井清一先生が、
関東大震災研究の見取り図をお話されたのち、
開港資料館、市史資料室、そして当館の三施設の研究員から、
当時、震災がどのように記録されたのか、
映像・写真・地図という三つの媒体をもとに報告がありました。
なかでも開港資料館の松本さんが紹介された記録映像は、
初公開の復元版映像ということもあって、
皆さん食い入るようにご覧になってました。

e0164082_1738284.jpg

最後は、立命館大学の北原糸子先生をコメンテーターにお迎えして、
「災害の記憶をどう伝えるのか」というテーマでの討論。
北原先生が神奈川大学で進めておられる、
関東大震災-地図と写真のデータベース」が紹介されていました。
これは当時の罹災地図をベースマップとして、
各地点での被災状況など詳細な情報が画面上で見られるもので、
非常に充実した内容のデータベースです。

e0164082_173879.jpg

実はいま、私たちもホームページ上で、
地図情報と歴史情報をリンクさせたデジタルマップ企画を検討中です。
北原先生のデータベースのような壮大なものはできませんが、
ネットでちょっとしたヨコハマの歴史散歩ができる、
そんなページになればいいなと思っています。

しかしその前に、私たちは紀要の原稿を書か を出さねば・・・

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2010-02-18 17:40 | お出かけ | Trackback | Comments(0)  

幸せのバスステッカー

みなさん、おはようございます。
Ryoです。

今日は久々に朝から良いお天気058.gif
明日からまた崩れるなんて聞いちゃうと、家で、洗濯して、掃除して・・・と思いますが。。。
今日はシフトチェンジをしたので、出勤なのですっっ!残念。

でも、貴重なハレの日に出勤したので、このブログをアップしたら、中庭にパラソルを出そう!
本日お越しの方は、このパラソルで図録を片手にのんびりお過ごしくださいね003.gif

さて、本日は広報のお話し。
企画展示中は、みなさまも目にされたことがあるかと思いますが、関内駅や日本大通り駅にポスターを
掲示しています。
他にも、全国の博物館・図書館、市内の地区センターや図書館など、ありとあらゆるところに
ポスター・チラシを送って出来るだけ多くの方の目に留まるよう努めています。
さらには、新聞に記事や情報を載せて頂いたり、有料広告を出したり、ラジオの生放送に担当者が
出演したりもします。
と、ここまでは、普段通りなのですが…。
今回初めて、こんなところにも展示の情報を出してみました037.gif
じゃーん。
e0164082_9174661.jpg


これは、横浜市営バスの車内です。
azul先生が通勤の際利用しているバスで、この広告を貼っている車両に偶然乗り合わせたため
写真をパチリ。
制作は、「西洋館とフランス瓦」のポスター・チラシとデザインを統一するため、デザイナーの
Kensukeさんに依頼。ポスターなどと違い、窓に貼るステッカーのため、透明部分を20~30%残して、
車内が暗くならないよう配慮していただきました。かっこいいですよね049.gif

本牧営業所と滝頭営業所のバス、計50台に掲出しています。
横浜駅から当館の前(日本大通り駅県庁前)を通り、三渓園、本牧へゆくルートなど8・58系統になります。
期間は、2月5日~5月4日の3か月。
このステッカーが貼られているバスに乗れた方は・・・是非アンケートに「ステッカー見たよ!」と、
書いてくださいね。

バスでのご来館もお待ちしています。

(Ryo)
[PR]

by tohatsu | 2010-02-14 09:58 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

シンポジウム「横浜・関東大震災の記憶」

今日はとっても寒いですね。朝、横浜は雪も交じった雨が降っていました。
昭和初期の建物を再利用している当館、こんな日はしんしんと外から
冷気が壁を通して入ってきます。

さて、本日13時から横浜市中央図書館地下1階のホールにて
標記のシンポジウムがおこなわれます(主催横浜市史資料室、当館共催)。

当館からも(岡)さんが
「横浜・都市インフラの被害と復旧」と題して報告をおこないます。
先着200名ですので、どうぞお早目に。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2010-02-13 10:56 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

『横浜グラフ』画像、全点公開しました

昨年10月から段階的に『横浜グラフ』の画像を紹介してきた
WEB展覧会「昭和9年の横浜」。
本日ようやく全点の画像を公開することができました。

e0164082_17445736.jpg

↑躍る仮装のクリスマスイブ(12月16日)

去年は開港150周年で、横浜開港の安政6年(1859)に
スポットがあてられていましたが、
昭和9年(1934)は開港から75年後、去年からちょうど75年前にあたり、
いわば150年の歴史の「ど真ん中」にあたります。
この昭和9年の横浜の生活・文化といったものは、
1859年と2009年のどちらに近いのか?
そのような問題意識を持ちつつ、今回の画像の公開準備をしていました。

昭和初期というと、「戦争」「高度成長期」をはさんでおり、
現在と生活風景がかなり変化しているのでは、
と思われる方も多いかもしれませんが、
『横浜グラフ』の掲載写真をみると、案外、現在との「近さ」を
発見するのではないでしょうか。
戦争の影が忍び寄っていることをのぞけば、
横浜の日常生活は、現在に近付いており意外の感を抱きます。

逆に幕末・明治から昭和のはじめまでを生き抜いた人々
(有名なところでは高橋是清、渋沢栄一など)
にとっては「一身にして二世を経る」どころではなく、
三世も四世も経験した気分になったのではないか、と思わされるほど、
江戸時代の影はありません。

また、この『横浜グラフ』から1年にはわずかに足りませんが、
昭和初期横浜の「風物詩」を知ることができます。
WEB展覧会のトップページのムービーには各章(半月ごと)の写真から
季節感と横浜の地域性のある画像を選んで、順に表示されるようにしました。
(現在は今回更新の10月前半からはじまり、9月後半に終わるようになっています)
ちょっとした昭和初期横浜の「歳時記」となるようにしてみたのですが、
1月~2月がないのがやはり悔やまれます。


(吉)
[PR]

by tohatsu | 2010-02-12 17:47 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

フランス"瓦"紀行 その1 ランスへ

2005年に開催した企画展「地中に眠る都市の記憶」では、
フランス瓦をはじめとするジェラール工場の製品について、
当時発見されていたほぼすべての種類を集めて展示しました。

Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型のそれぞれに対応する半瓦や、
ジェラール工場の門に使われていたと思われる装飾瓦、
通気口にもちいる六角形断面の空洞煉瓦など、
新しい発見もたくさん紹介できたのですが、
調査というのは、進めば進むほど疑問も増えていくもの。
ジェラール工場についての謎は深まる一方でした。

e0164082_16345945.jpg












2005年当時の
展示風景

ジェラールの故郷ランス(Reims)に行ってみようと思い立ったのは、
ちょうどそんな頃でした。

ジェラールの蔵書は、彼の死後、遺産をもとに設立された、
ランス農業サークル(Cercle Agricole Rémois)におさめられたのですが、
これらの蔵書のなかに、フランス瓦製造の手がかりはないだろうか、
そんな希望をもとに、まずはサークルに手紙を書いてみたのです。

返事は意外に早く返ってきました。
しかも、「アルフレッド・ジェラール財団」なるところから。
現在、農業サークルの経営は、このジェラール財団がおこなっており、
そこのワルボム(Francis Walbaum)会長が直々にお返事をくださったのでした。

残念ながら、回答は「なし」。
瓦製造に関する技術書の類は蔵書にはないとの返事でした。
しかし、「図書室ならばいつでも案内しますよ」との温かい言葉をいただき、
ならば図書室だけでなく、ジェラールの墓所にも案内していただければ・・・と、
ついにジェラールの故郷ランスへと向かう決心をしたのでした。

とはいえ、私はフランス語はまったくできません。
当時パリに留学中だった、私の大学時代の同級生で、
中世ゴシック建築の専門家である加藤耕一氏に通訳をお願いして、
いやいや通訳どころか、ランスへの旅の手配までちゃっかりお願いして、
私はパリ行きの飛行機に乗り込んだのでした。


e0164082_16423197.jpg











おー、オペラ座!
右端のウシさんはいったい・・・


ランスでの滞在予定はわずか一日。
「パリに着いたその日にランスまで移動するヤツはお前がはじめて」
とムッシュウ・カトーには半ば呆れられながら、
その日の夜遅くにランスへと到着。

翌日はいよいよ、ジェラール財団での会合です。


・・・つづく・・・

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2010-02-11 16:47 | お出かけ | Trackback | Comments(0)  

第1回展示解説終了!そして新連載へ・・・

はい、こんにちは。 azul です。

今日(2月6日)は企画展「西洋館とフランス瓦」の展示解説の日でした。
初回ということで、それなりに緊張感があったのですが、
解説をめざして来てくださった方がかなりいらしたみたいで、
また熱心にメモを取りながら聞いてくださる方も多く、
こちらもついつい力が入って、時間も気にせずしゃべってしまいました。
ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

e0164082_1844267.jpg

展示解説はこれから毎月1回のペースでおこないます。
来月は3月6日の土曜日です。
皆さまのご来場をお待ちしております。


さて、展示解説に参加してくださった方の感想のなかに、
ジェラールの墓の写真に強いインパクトを受けた
というものがありました。
あの写真があるからこそ、ジェラールの物語が活きている
という嬉しいお言葉もいただきました。

e0164082_18443622.jpg

それにしても、不思議な墓です。
この写真を講座などで紹介すると、いつも会場にどよめきがおきます。
いったいなぜ、墓に日本の鳥居や灯籠が?
ジェラールは生前から故郷のランス(Reims)市に、
日本関係のコレクションを寄贈しているので、
おそらくこれらの鳥居や灯籠もコレクションの一部だったと思いますが、
それにしても、この組み合わせがもたらす違和感といったら・・・

実は、この写真、私が実際にランス郊外の墓所を訪ねて、
撮影してきたものなのです。

ジェラールの墓の写真を最初に公表されたのは、
横浜開港資料館の中武香奈美さんですが、
(中武香奈美「ジェラール(1837~1915) 故郷、ランス市に錦を飾る」
 『開港のひろば』50号、1995年11月)
その写真を手がかりに墓所の現在地を突き止められたのが、
横浜国立大学名誉教授の西堀昭先生。
(西堀昭「ふらんす瓦のジェラール」『有鄰』370号、1998年9月)
西堀先生は、1997年に現地で開催されたジェラールの墓前祭にも参加され、
横浜におけるジェラールの功績をお話されています。

そして、今から4年近く前の2006年6月、
前年の企画展「地中に眠る都市の記憶」の余韻が残るなか、
私はジェラール工場の謎が少しでも解けないかと、
ジェラールの生まれ故郷ランスへと向かったのでした。

・・・つづく・・・


(azul)
[PR]

by tohatsu | 2010-02-06 18:47 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)