<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

特別展終了

4ヶ月のロングランだった
特別展「モダン横濱案内」。
最終日の昨日は150人近いお客様にお越しいただき、
無事幕を閉じることができました。

ご来場の皆様、
ご協力いただいた皆様に
心よりお礼を申し上げます。

今日は休館日ですが、展示資料の撤収で出勤しています。
資料を展示する前は
選定・配置や展示期間(展示替え)に頭を悩ませるものですが、
撤収はあっという間・・・

これから資料に痛みや異変がないかチェックし
梱包をして、元の所蔵先に返却します。
返却が終わるまでは気が抜けない日々が続きます。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2011-01-31 14:40 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

居留地遺跡プロムナード

はい、こんにちは。

なんと新年初のアップです。
年末年始の暴飲暴食で健康話はどこへやら。
春になればダイエットを再開しようともくろんでいる azul です。

先週の展示解説(↓)はすごかったですね。
久しぶりに参加者であふれかえる展示解説でした。
私もつい調子に乗って「七人のモガ・モボ」に記念撮影をお願いする始末。
モ協の淺井カヨさんには、「『週間モガ』いつも楽しみにしてます!」と、
まるでファンのごとく声をかけてお話させていただき、
すっかり仕事を忘れて楽しんでしまいました。


さてさて、昨日(1/29)は「神奈川芸術劇場(KAAT)」のこけら落とし。
まるで、そのオープンにあわせたかのごとく実施された、
山下居留地遺跡の価値を考える会の「横浜近代遺跡めぐり」(当館共催)で、
ツアーガイドを勤めてきました。

本ブログでも何度も紹介してきましたが、
現在、神奈川芸術劇場(KAAT)が建っている場所は、
2007-08年に「山下居留地遺跡」として本格的な発掘調査がおこなわれ、
かつての外国商館の建物跡など多数の遺構が発見されています。

その発掘調査の成果が建物東側(中華街側)の側道に展示されており、
私たちは「山下居留地遺跡プロムナード」と呼んでいます。

e0164082_1384313.jpg

そもそもこのプロムナード整備は、考える会の発案からスタートしたもの。
昨年の秋から側道は通れるようになっていたので、
これまでも何度か遺跡めぐりのたびに現地を案内してきましたが、
今回ようやく、考える会の企画としてツアーが実施されたわけです。

午後1時から4時半までたっぷり3時間半。
みなとみらいのドックヤードガーデンをスタートして、
赤レンガパーク、象の鼻パークと横浜港の歴史遺産をめぐりながら、
クライマックスの山下居留地遺跡プロムナードへ。
KAATでは芸術監督の宮本亜門さんの登場でざわついているなか、
私たち一行は、ストイックに出土遺物の展示を見ていたのでした・・・

e0164082_847122.jpg















e0164082_848824.jpg












画像提供(上記2点):
天野賢一様

e0164082_1452092.jpg















e0164082_1472247.jpg











画像提供(上記2点):
山下居留地遺跡の価値を
考える会

参加者の皆さま、寒いなか長時間ありがとうございました。

山下居留地遺跡プロムナード。
横浜の「都市の記憶」をさぐる新たな街歩きスポットとして、
ぜひ多くの人が訪れるようになってほしいと思います。

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2011-01-30 13:13 | お出かけ | Trackback | Comments(0)  

七人のモガ・モボ

昨日の夜、今囘の特別展の最後の展示解説にあはせ、
帝都東京から華やかな
七人のモダンガアル、モダンボオイの方々
が御来濱されました。

下の寫眞のやうに
まるでシネマのスクリーンから抜け出してきたやうな
真に艶やかな方々ばかりで
會場は大變に盛り上がりを見せたので
御座ゐます。

e0164082_1812954.jpg
e0164082_1831747.jpg


・・・・・・

この書き方、今回ご協力いたいだた日本モダンガール協會・淺井カヨさんのブログ
「週刊モガ」
を真似てみました。
少しはまりそう・・・

淺井さんと大正愛好会のモダンな方々、
そして、今回の企画にあわせてか、モダンないでたちで
ご来場された皆様にも
この場を借りてお礼を申し上げます。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2011-01-22 18:19 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

ハマにモダンガールあらわる!

特別展「モダン横濱案内」の最後の展示解説は
1月21日(金)18時30分~
ですが、
これにあわせて
大正~昭和はじめのモダン・ガール、モダン・ボーイ、女給さんたちが展示室に登場します(18時~20時)。

昭和初期の横浜の展示資料とともに、この時代の華やぎをぜひ体感していただきたいと
思います。
展示解説の際には着用している服装のポイントもお話いただく予定です。



e0164082_14394167.jpg
e0164082_14395110.jpg
e0164082_14395780.jpg
e0164082_14403100.jpg

e0164082_1310932.jpg


なお、今回の企画は日本モダンガール協會・淺井カヨさんのご協力を得ました。
(ちなみにお住まいとご職業は「帝都の職業婦人」だそうです)
淺井さんのブログ「週刊モガ」は、
旧漢字・旧かなづかいで記され、大正・昭和はじめの名残を現代に尋ねるというもの。
とても面白いブログです。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2011-01-15 14:51 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

横浜歴史情報マップを公開します

かねてから準備をしてきました
「昭和初期 横浜中心地区 歴史情報マップ」
明日15日(土)から特別展「モダン横濱案内」展示会場で公開します。

地図画面。
ベースマップは桜木町駅~新港埠頭~山下公園~中華街の一部~伊勢佐木町の一部~野毛山の
範囲を「横浜市三千分一地形図」をもとに当館がリライトしました。
e0164082_19103687.gif



この地図上のポイント、もしくは右側に施設の種別ごとに分類された一覧から
施設名をクリックすると、地点(施設)情報ウィンドーにとびます。

e0164082_19131296.gif

ここでは、その施設に関する情報を簡潔に記載するとともに、
この地点に関する画像情報をサムネイルで一覧表示します。



サムネイル写真をクリックすると、個別画像ウィンドーにとびます。
ここでは個別資料を拡大表示するとともに、その画像に関する情報
(画像の出典、撮影年代、画像に関する文献史料からの抜き書きなど)
を表示します。
e0164082_2183783.gif


当初は30地点程度からスタートしますが、追々地点・画像ともに増やしていく予定です。
展示室で1月30日(日)までの限定公開です。
(画像は開発途中の画面です)

なお、明日から旧第一玄関でパネル展「モダン横濱を写す」
もはじまります。
昭和初期の建築にスポットをあてたこちらの展示もぜひご覧ください。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2011-01-14 19:19 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

わたしのモダン横濱

今日の昼、
弁当売りのお兄さんが
「高橋克典と内山理名がドラマのロケですぐそこにいますよ」
というので、ちょっと日本大通りをのぞいてみたところ
日本大通りのアルテ・リーベ前でちょうど演技中。
人だかりにもなっておらず、至近距離でふたりの俳優さんを見ることができました。
内山理名が抱く子どもを高橋克典があやすという場面でした。

このドラマ、テレ朝で金曜夜9時から放送される「悪党」という刑事ドラマ。
横浜港町署につとめる刑事たちが主人公なので、
今後も横浜を舞台にしてロケがおこなわれるようです。

さて、昭和はじめの横浜に関して、個人の方からご提供を受けた資料と
証言で振り返るコーナー展
「わたしのモダン横濱」
が今日から4階常設展示室ではじまりました。
特別展とあわせてこちらもどうぞご覧ください。

運が良ければロケにも立ち会えるかも……

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2011-01-12 17:44 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

中区消防出初式

あけましておめでとうございます。
本年も当館・ハマ発ブログをよろしくお願いします。

さて、今年も中区消防出初式が当館中庭でおこなわれます。
今年は1月9日(日)9時半~11時。
10時半から消防車両の分列行進、一斉放水もおこなわれます。

さて、特別展「モダン横濱案内」は1月から資料を入れ替えています。
「フォト横浜」(写真イベント)にあわせて、写真の原資料を
多く出展しています。
また、チラシ裏面でも紹介した
「夜の真珠」原画(大佛次郎記念館蔵、岩田専太郎画)
も現在展示中です。(画像はこちらのチラシを)
出初式のあと、当館にもお立ち寄りください。


去年当館中庭でおこなわれた出初式のもよう
e0164082_1735553.jpg


(吉)
[PR]

by tohatsu | 2011-01-07 17:40 | お知らせ | Trackback | Comments(0)