<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

連続講座「モダン都市」横浜を考える のご報告

10月29日(土)からはじまった全6回にわたる都市横浜シリーズ講座
「モダン都市」横浜を考える
         ~昭和はじめの都市文化と空間~

が12月3日(土)に無事終了しました。

今回は100名を超える応募があり、
全6回で延べ426名(1回平均71名)の方に
受講いただきました。

アンケートの満足度を見ますと
「とても満足した」+「まあまあ満足した」
とお答えになった方が97%と、
担当者としてはほっとしているところです。

アンケートの自由掲載蘭を見ますと、

・なかなか視点の当たらないところを調査されよかった。
・今まであまり注目されなかった年代について建築や文化など
あらゆる切り口で話しが聞けて楽しかった。
・戦前の社会情勢について小説などで何となく抱いていたイメージと違い
一般庶民の様子が幾分変わって見ることができて楽しく感じられる講座だった。

と、従来あまり注目されない時代を取り上げたことについて評価される声がありました。

横浜ではあまり注目されてこなかった「モダン都市」横浜。
これからも当館の軸となるテーマのひとつに据えていきたいと考えています。

また、この講座の準備にあたっては多くの方々にお力をお借りしましたことを
ここに書き記しておきたいと思います。

(吉)

e0164082_1534559.jpg

最終回の講師・羽田博昭氏(横浜市史資料室)
[PR]

by tohatsu | 2011-12-27 15:36 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

集まれ!日本の路面電車たち

はい、こんにちは。
昨日のクリスマスイブ、皆さんはいかが過ごされましたか?

あまり早く帰ると、アイツ見栄張って早く帰ったな・・・
と思われないかと、つい残業してしまった azul です。

e0164082_11282246.jpg













こぶちゃんも
クリスマスモード


さて、当館では来年の1月28日から始まる
特別展「横浜にチンチン電車が走った時代」の関連企画として、
写真パネル展「路面電車が走るまちかど」を開催します。

旅先で見かけた路面電車にふとシャッターを切ったことはありませんか?
このパネル展では、横浜をはじめ国内の各都市で撮影された、
路面電車の走る風景写真を募集いたします。

懐かしの写真でも、現在の写真でもかまいません。
皆さまのお手元にあるご自慢の一枚を、ぜひお寄せください!
(応募は一人三点までです)

詳しい募集要項はホームページをご覧ください。
応募用紙もホームページからダウンロードできます。
たくさんのご応募お待ちしております!

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2011-12-25 11:35 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

66年前の横浜 その2 近づく大空襲

戦前に横浜中央電話局に交換手としてお勤めだった鶴見さんの
お手紙を続けます。

………………………………………………………………………………

東京空襲も度々有り、或る夜勤明けの日、
吉田橋を渡った右前方、
あんみつを食べた食堂あたりの建物の太い柱に、
綱を巻き付け数人の人達が無理やり建て物を壊している光景を見ました。
空襲に備え延焼を防ぐ為だと感じました。

又或る夜勤の休憩時
一人屋上に上り東京方面を見た時暗い夜空の一ヶ所だけ真っ赤に
染まって居たのを見て、あの炎の下で、逃げまどう人が居ると思うと
悲しかったです。

それから益々戦局が激しくなり、局での警報伝達も増し、
其の頃から、身の廻りから、食料、衣類、等生活用品すべてが
無くなっていきました。

そして昭和二十年五月二十八日(横浜空襲前夜)
私は夜勤の為午後四時に出勤し、
日勤者と交替し交換台に着きました。
そして空襲警報が入り、日付けが変り、二十九日明け方だったと思います。
一度部長さんの指示で地下一階に避難し
状況が良くなり又各自部署に戻り
午前八時日勤者と交替し、局を出た時は晴天でした。
警報は解除されて無かったと思います。

………………………………………………………………………………

e0164082_9525883.jpg

↑現在の当館の屋上から眺めた大さん橋方面。
ビルに阻まれて海はかすかに見えるだけですが、戦前はビルも低く横浜港が見晴らせました。
電話局にお勤めだった方はこの屋上を懐かしく記憶されています。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2011-12-23 09:29 | 調査余話 | Trackback | Comments(0)  

こぶちゃんキャンディー

はい、こんにちは。azul です。

今日はショップの新商品をご紹介!

こんなものが秘密裏に商品開発されていたとは、
店頭に並ぶまでまったく知りませんでしたが、
すごいものが登場しました。
その名も、こぶちゃんキャンディー!

e0164082_17382528.jpg

*こぶちゃんとは何ぞや?という方は、
 こちらを・・・
 こちらも・・・

キャンディーの中にこぶちゃんの顔があしらわれていますが、
どれひとつとして同じこぶちゃんはなし。
可愛いこぶちゃんから、それなりのこぶちゃんまでさまざま。
うっかり逆さまに見るとタコという噂も・・・

e0164082_17384968.jpg











おぉ、眉間の傷が
アブドーラ・ザ・ブッ●ャーのよう!

こぶちゃんキャンディーは一つからでも買えます。
甘いものが食べたくなったら是非!

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2011-12-13 17:42 | ショップより | Trackback | Comments(0)  

66年前の横浜 その1 戦前の伊勢ブラ

10月に発行された「ハマ発Newsletter」第16号に
「昭和はじめの横浜中央電話局」
と題して
昭和戦中期、当館の前身・横浜中央電話局に
交換手としてお勤めだった土屋節子さん
の証言を紹介しました。

ニュースレターが発行されたちょうど同じ時期(10月4日)、
土屋さんと同じく昭和16年から交換手として電話局にお勤めだった
鶴見すみ子さん(静岡県在住、昭和2年生れ)が、
横浜大空襲で疎開して以来、
66年ぶりに横浜を訪れ、当館にも立ち寄られました。

その折に往時のお話をいろいろ伺ったのですが、
その後、改めて戦中の思い出をつづった丁寧なお手紙をいただきました。

戦時中の横浜の雰囲気がよくわかるお話ですので、
鶴見さんのご許可を得て
ここにその一部を紹介したいと思います。

……………………………………………………………………………
 私の通勤手段は、主に京浜線(省線)東神奈川駅から桜木町駅下車。
 主に省線や六角橋行き市電を利用した。(中略)省線桜木町駅下車。
 駅前から市電で本町一丁目(県庁前)で下車。局へ。
 又は桜木町駅下車後、徒歩で弁天通りを通り横浜地方裁判所前を通り局へ。
 弁天通りを朝、通ると中間地点あたり
 で焼きたての美味そうなパンの匂いがした。
 ジャーマンベーカリだったでしょうか。

 夜勤明け、局を出た足で馬車道を通り、左手に松屋、吉田橋を渡り、
 右側の鈴屋?でよくあんみつを食べた。
 其の先には野沢屋、其の先には、真っ白い建物の寿百貨店等が。
 何を買うと云う目的も無いまゝ。何と無く・・・。伊勢ぶらだったと思います。

 又馬車道街路樹は柳で、夕暮れにはガス燈が灯り、独特な雰囲気が有つた様に思います。
 またホロ傘をさした、アイスクリーム屋さんや、人力車等も見かけた様に思います。

 でもそれから間も無く、戦争の気配が濃く成り、だんだんと身近に迫って居たのです。


〔続く〕

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2011-12-09 15:48 | 調査余話 | Trackback | Comments(0)