<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

戦時下の女学生

昭和戦前期フェリス女学生旧蔵資料紹介、その(5)。

当館が先日入手した昭和戦前期のフェリス女学生資料。
これまで紹介した資料は持ち主の百合子さんが2年(昭和13年度)・
3年生のときのものでした。

どういうわけか、百合子さんが4年・5年生のときの
授業関連資料は残念ながらまったくないのですが、
「おもかげ」と題された卒業アルバムが残されており、
百合子さんの名前を見出すことができました。
奥付がなく発行者・発行年月の記載はありませんが、
おそらく昭和17年3月のフェリスの卒業アルバムと思われます。
画像はそのなかの1頁ですが、卒業式の情景でしょうか。

e0164082_114033100.jpg



これはアルバムの最後の頁。
太平洋戦争の勃発を報じる新聞各紙をコラージュしています。
e0164082_15155037.jpg



この頁が暗示するように、
この頃、フェリスなど欧米との関係がある学校を取り巻く情勢は厳しいものと
なりつつありました。

昭和15年9月、基督教教育同盟会は学校長会議を開き、
・学校長は日本人であること
・学校経営主体は財団法人であること
・経済的に外国教会から補助を受けることなく独立すること
・興亜教育に対して具体的方策をたてること、
などを申し合わせます。
(『横浜市教育史』上巻、横浜市教育委員会、1976年)

この申し合わせに対応して、
フェリスは昭和15年9月に校長が宣教師のヘンリー・V・H・ステゲマンから
初の日本人校長・都留仙次に交替します。
そして、翌昭和16年3月にはアメリカ人宣教師の教員が、ステゲマンをのぞき全員帰国。
さらに3月31日付けで校名が「横浜山手女学院」と改称されたのです。
つまり、昭和17年3月卒業の百合子さんたちは
「横浜山手女学院」と改称後、第1回の卒業生ということなります。


太平洋戦争勃発後の昭和17年5月、
フェリス中等部の4・5年と高等部2年の学生は、
横須賀田浦海軍工廠に勤労動員させられます。
その後、動員計画は拡大し、
長津田の田奈部隊、森永食糧工場、池貝鉄工所などに
女学生が働きに出ることになりました。
(『フェリス女学院100年史』フェリス女学院、1970年)

e0164082_11405747.jpg

この資料はフェリスと同じく山手にある
横浜紅蘭女学校(現・横浜雙葉中学校・高等学校)に通っていた
女学生が、昭和20年に東京芝浦電気に勤労動員させられたときの
「社員証」です。
(当館所蔵、山本寿美氏寄贈)

昭和20年に東芝堀川町工場に動員された
鶴見高等女学校の学生の手記(「八千代会週番日誌」)
には勤労動員の具体的な様子が記されています。

 職場に着くと二千個もの真空管が待って居た。
 私達二人は少しでも次へ流れる様にと念じつつ
 交替にゲッターを飛ばして行った。
 時折、試験品が入ったりしましたが今日は案外少なかった。
 午後停電、其の後に機械の故障が出来、又側に積んである
 真空管の山は高くなってしまった。
 機械のなおった後も急いだが、今日の私達の作業線は
 ぐっと落ちてしまった。
 (昭和20年5月14日)

(『横浜の空襲と戦災2-市民生活編-』横浜市・横浜の空襲を記録する会編、1975年)

 このように昭和17年以降、女学生の学園生活はそれ以前とは変わって
 厳しいものとなっていき、昭和20年の終戦を迎えたのでした。
  
(吉)
 
[PR]

by tohatsu | 2012-07-25 11:42 | 調査余話 | Trackback | Comments(0)  

フェリスの卒業式

昭和戦前期フェリス女学生旧蔵資料紹介、その(4)。

昭和12年4月にフェリス和英女学校に入学した女学生・百合子さん
がお持ちだった資料の紹介を続けます。

百合子さんが3年生の学年末、
昭和15年3月22日におこなわれた
第53回卒業式のプログラムが
資料のなかに含まれていました。
(フェリス中等部は5年制なので、百合子さんはまだ卒業しません)。

e0164082_974927.jpg

このプログラムによると、
この年の中等部(5年制)の卒業生は85名。
高等部英文科の卒業生は8名でした。
ちなみにフェリスの高等部には
「中等部ノ基礎ノ上ニ更ニ高等ナル学術及技芸ニ関スル学科目」
として家政科(1年制)と英文科(3年制)が置かれていました。
今の大学に相当する「高等教育機関」だったわけですが、
この卒業生の数からもわかるように、進学率は低いものでした。

一般に高等女学校の卒業後の進学先としては
女子高等師範学校や女子専門学校がありましたが、
戦前期を通して進学率は1%未満だった言われています。

さて、昭和15年の卒業式の式次第は、
国家(斉唱)・勅語奉答のあとにピアノ合奏、聖書朗読、祈祷などが
続き、そのあと卒業証書授与、精勤賞状授与がありました。
その後学校長の訓示のあと、ピアノ合奏をはさんで
神奈川県知事の告辞と横浜市長の祝辞が贈られました。
そして卒業生総代の答辞があり、
卒業生一同がグノー「うるはしき喜びのおとづれ」を合唱して、
父兄挨拶・校歌・敬礼で式を終えます。

e0164082_981829.jpg


『横浜グラフ』(当館蔵)は昭和9年の世相を写真と簡潔な記事できりとった
写真情報誌ですが、3月22日にフェリスの卒業式が報じられていました。
女学生が手に巻いて持っているのは卒業証書でしょうか。
この写真には下記のようなキャプションがつけられています。

「晴れの卒業式」

蛍雪の途にいそしむ幾歳。待ちに待たれたけふぞ晴れの卒業式だ。
 懐しき追憶を偲んで母校に訣れ、
 希望と光明にもゆる未来への輝かしい夢を描きつゝ
 街頭へと巣立つ雛鳥の群。彼女達のゆくてに栄へあれ!
 (写真は校門を出づる女学生)


『横浜グラフ』こちらで画像を全点閲覧できます(拡大機能つき)。
(吉)
[PR]

by tohatsu | 2012-07-24 09:11 | 調査余話 | Trackback | Comments(0)  

梅雨明けは?

はい、こんにちは。

「なが~いお休み」が明けて戻ってきたRyoさんから、
いきなり歳を暴露されてしまった azul です。

そうなんです、私は市電が廃止された年に生まれたんです。
まあ実家の大阪(吹田)には路面電車は走ってませんでしたから、
大阪万博を知らないとでも言えば、その衝撃?が伝わるでしょうか・・・
でもRyoさんだってね・・・むにゃむにゃ。

さて、おかげさまで企画展「横浜の海 七面相」が終了しまして、
各所蔵者・機関への資料返却の旅がはじまりました。
先週は、(吉)さんと二人で半日ずつ交代して、
日通の美専車(美術品専用車の略です)に乗って返却に出たのですが、
私が車に乗り込もうとしたとたん、大粒の雨が・・・057.gif057.gif057.gif

最初の返却先は、ご近所のみなと博物館だったのですが、
こちらにはチョーかっこいい屋外リフトがあるんですね。
屋根がパカッと開いて地下から荷物がせり上がってくるという、
ウルトラ警備隊の秘密基地もビックリの仕掛けが、
日本丸メモリアルパークの芝生広場の中にあるのです。

今回は艀の大きな模型をお借りしていたので、
模型を梱包した箱をこのリフトで降ろすはずだったのですが、
あまりに激しい雨のため、屋外リフトが使えず。
対応してくださった学芸員の三木綾さんも、外の様子を見るやいなや、
いかりや長介ばりに「ダメだ、こりゃ」

e0164082_1653524.jpg













土砂降り・・・

気象レーダーで雨雲を見ても、しばらくは止みそうにないということで、
日通さんには階段を使って地下まで運んでもらうことに・・・
なんとか無事に返却できてホッとしました。

さて、返却が終わって外に出てみると、
きれいに雨は上がって・・・なんてことはなく、まだ容赦なく強い雨。
「最後までしっかり降ってましたね」と、こちらも容赦ない三木さん。

まだまだ返却の旅は続きます。

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2012-07-22 16:09 | お出かけ | Trackback | Comments(0)  

「横浜から昭和を探る-新しい昭和史像を求めて」

本日の午後、横浜市中央図書館の地下1階ホールで
公開講座
「横浜から昭和を探る-新しい昭和史像を求めて」
(横浜市史資料室主催)
が開かれます。

今後当館では戦後も含め横浜の昭和史を総合的に扱っていく予定ですので、
この講座、きっと大きな示唆をあたえてくれるのではないかと
期待しています。

なお、横浜市史資料室では
展示会
「占領軍のいた街―戦後横浜の出発」
も7月18日(水)~平成24年9月17日(月)まで開催しています。


○時間
平成24年7月21日(土)午後1時00分~午後4時45分(午後0時30分開場)
○場所
横浜市中央図書館・地下1階ホール
○内容
【第一部】報 告
「『横浜市史II』の頃-市政関係を中心に」
大西比呂志(フェリス女学院大学教授)
「横浜市史資料室となって-アーカイブスを目指して」
羽田博昭(横浜市史資料室)
【第二部】パネルディスカッション
「新たな昭和史研究の可能性を求めて」
パネラー:雨宮昭一(獨協大学教授)、吉見義明(中央大学教授)
報告者:大西比呂志・羽田博昭
司会:天川 晃(横浜国立大学名誉教授)
○主催 横浜市史資料室/共催 占領・戦後史研究会/後援 首都圏形成史研究会

http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/housei/sisi/news/kouza120721.html

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2012-07-21 09:09 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

フェリス女学生の「ピアノ・レッスン」

昭和戦前期フェリス女学生旧蔵資料紹介、その(3)。

昭和12年にフェリス和英女学校に入学した百合子さん。
彼女が残した在学中の資料のなかには、
授業の課題として提出した作文も含まれており、
その内容から戦前期の女学生の日常生活を垣間見ることができます。

e0164082_1775294.jpg


この資料は「ピアノのレッスン」と題された400字詰め原稿用紙2枚半(1000字)
の作文で、百合子さんが3年生のときに提出したものです。

火曜日の放課後、お道具もかたずけないでピアノのレツスンにかけつける私だ。
今日も又、大急ぎでお部屋の前に来てこつこつとノツクしながら中をのぞくと、
ミス・スエットナムが目で「お入りなさい」をしていらつしやるのでそつと中に入つた。
中では未だ四年のMさんとHさんがドエットをしていらつしやる。

(中略)
ひき終ると先生は、英語で色々な事をおつしやってからMさんに、
「この曲は好きですか」とお聞きになる。


この作文の記述から、百合子さんは放課後に、
外国人の女性からピアノのレッスンを英語でうけていたことがわかります。

戦前期、授業以外に「稽古事」をしていた女学生は7割近くいたといい、
その代表的なものは、茶道、華道、ピアノでした。
とくにピアノはモダンで西洋化された新中間層の家庭の象徴として
人気が高かったと指摘されています。
(稲垣恭子『女学校と女学生』中公新書)

ことに、外国人教師からピアノのレッスンを受けるというあたりは、
山手(横浜)の土地柄を感じます。

ちなみに百合子さんのお父さんは現役の陸軍少佐ですので、
家庭環境としては「モダン」な雰囲気はなさそうなのですが、
娘としては当時流行していた「モダン」なライフスタイルに
憧れるところがあったのかもしれません。

◆追記
このピアノのレッスン、私はプライベートな「稽古事」と思っていましたが、
あるいは、学校の「課外授業」かもしれません。
百合子さんの資料群のなかに含まれる「捜真女学校学則」には

「規定以外ノ時間ニ於テ特ニ音楽又ハタイプライターノ教授ヲ望ム者ハ
左ノ授業料ヲ納ムベシ」


として

「一、ピアノ授業料
      一週一回 毎月 金 四円(約8000円)
        ピアノ使用料 毎月 金 二円(約4000円)」

と規定があります。

ちなみに、捜真の授業料は
第1学期(4月1日~8月31日) 20円
第2学期(9月1日~12月31日) 20円 
第3学期(1月1日~3月31日) 15円
年間合計55円ですので、
ピアノのレッスンの方が年間だと高い(72円)
ということになります。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2012-07-20 17:28 | 調査余話 | Trackback | Comments(0)  

昭和はじめ、フェリスの試験問題用紙

昭和戦前期フェリス女学生旧蔵の資料紹介、その(2)。

当館が最近入手したフェリスの女学生(百合子さん)
旧蔵資料の紹介を続けます。

百合子さんが入学した
「フヱリス和英女学校」(以下フェリスと略します)は
明治3年にミス・キダーが居留地39番に創設した
横浜を代表する女子教育機関です。
明治8年に現在の山手町178番地に校舎を移転させ、
校名を「アイザック・フェリス・セミナリー」と称します。

ところで、この「フェリス」、
皆さんはどのように発音しますか?

古いハマっ子は
「ふえりす」(「笛リス」と発音するのに近い)
というように「ふ」と「え」を分けて発音すると、
地元の人からうかがったことがあります。
もっとも、最近は近くにお住まいの方でも
普通に「フェリス」(Feリス)
と発音しているようですが…

さて、昭和12年4月にフェリスに入学した百合子さんは
ここで5年間の学園生活を送ることになります。
(フェリスは、もともと6年制でしたが、
昭和5年に「本科」を5年制に短縮して「中等部」としています)

当館の資料群には、主に2・3学年のときの試験問題・作文が
30点弱含まれていましたので、その一部を少しご紹介すると……

e0164082_16304572.jpg

これは3年のとき(ちなみに3年B組)の外国地理科の試験問題です。
右側には南米の白地図があり、

1 赤道 2 ボゴダ 3 リマ 4 リオデャネイロ 5 南回帰線
6 アスンシヨン 7 チチカカ湖 8 マゼラン海峡 9 ヴェネゼラ国 10 我国南米西岸航路終点
を記入せよ、という問題。
難しい……

さらに、
「パタゴニヤ沙漠の成因につきて」
「南米西部の都市の分布に就きその状態及び理由を説明せよ」
などの記述問題が続き、なかなか難問の様子。
第3学年の外国地理の授業は週に1回でしたが、
その割には地理の試験問題が資料群には多く残されています。

ちなみに、フェリスで最も多かった授業科目は英語で、各学年ごとに週6時間が割かれていました。
同じ時期の公立高等女学校では週3時間ですから、フェリスが英語教育に力を入れていたことが
うかがわれます。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2012-07-20 16:49 | 調査余話 | Trackback | Comments(0)  

昭和戦前期、フェリスの受験生

今日は午後から大雨ですね。
昨日・おとといとかなりの暑さだったので、少しほっとします。

さて当館は、昭和戦前期(12~17年)フェリス和英女学校に在学していた女学生が
旧蔵していた資料群を先月入手しました。

このなかには女学校の受験と学園生活をしのばせる資料(入試要項・試験問題・作文など)が
含まれていてなかなか貴重ですので、
このブログで速報的にご紹介したいと思います。

この資料の持ち主は女学生は保土ヶ谷区保土ヶ谷町にお住まいだった百合子さん。
保土ヶ谷尋常高等小学校時代には
秋の運動会の「百米徒競争」で一等賞をとるなど
活発な少女でした。

e0164082_14315758.jpg



昭和12年3月に尋常高等小学校
(6年制の尋常小学校に続く2年制の小学校)
を卒業する予定だった百合子さんは
女学校(高等女学校)の受験を考えていました。

尋常高等小学校卒業後の女子の進路としては、
・女子師範学校(教員養成)
・実業学校(職業・技術教育)
などがありましたが、
明治32年に制度化された高等女学校は
女子に対する一般普通教育を目的としており、なかなか人気がありました。
男子の「旧制中学校」に対応する中等教育機関にあたります。

明治38年の高等女学校への進学率は5%未満でしたが、
大正14年には15%、昭和15年には20%近くまで上昇、
大正から昭和初期にかけて急速に学生数を拡大させていきます。
在学期間は3~5年でしたので、今の中学・高校にあたるわけです。

e0164082_1436294.jpg

百合子さんは昭和11年の秋ごろから横浜の女学校の
学校案内を取り寄せて進学校の検討をしています。

上の画像は山手の共立女学校(現・横浜共立学園中学校・高校)
の「入学志願者心得」。
募集定員は80名。
考査方法は、「小学校調査書」「人物考査(口頭試問及び筆答試問)」
試験日は3月13日、合格発表は3月15日でした。

このほか、捜真女学校、横浜市立高等女学校、横浜女子青年学院、フェリス和英女学校の
入学案内が資料群のなかに残されています。

e0164082_14462349.jpg

さて、受験をひかえた百合子さんは「模擬試験」を受けようとします。
上の画像は、東京・神田の「初等教育会」なる団体が実施していた
模試のちらし。
「神奈川県中等学校入学試験新方針による模擬試験」
とあり、入試の「新方針」に対応していることをアピールしています。

模擬試験の日程は、
入試本番の約1ヶ月前の2月14日。
横浜では、桜木町駅近くの朝日講堂(朝日新聞社内)での
開催が予定されています。
受験費用は50銭(1000円程度)で、
試験の上位5名には「美術置時計・高級万年筆」を
贈呈するとあります。
昭和はじめは意外にも「お受験」が盛んだったのです。

e0164082_842511.jpg

受験勉強の甲斐あってか
百合子さんは無事フェリス(正確にはフヱリス和英女学校)に合格。
3月22日付けで合格通知をもらい、
入学金2円(4000円程度)を納めて
昭和12年4月から山手の女学校生活を開始します。

つづく……

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2012-07-20 14:54 | 調査余話 | Trackback | Comments(2)  

「横浜の海七面相」終了

横浜開港資料館との本格的な連携展示
「横浜の海 七面相」が本日終了しました。
海の日らしい暑い一日となり、日本大通り周辺には多くの家族連れの姿が見られました。
最終日の入館者は惜しくも200人にちょっと届かず…。

e0164082_1881249.jpg

展示終了直後の展示室。

ご来館いただきました皆様、ご協力いただいた皆様にお礼を申し上げます。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2012-07-16 18:12 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

「横浜の海七面相」終了まであと2日!

企画展「横浜の海七面相」会期終了まであと2日となりました。

そこで、最後の最後になりましたが、
展示担当者のオススメ資料を
ご紹介したいと思います。

e0164082_173321100.jpg

なによりも、見ていただきたいのは、
昭和初期に金沢の人、角田(すみだ)武夫が描いた『続金沢百景』。
(個人蔵、神奈川県立金沢文庫寄託)
この時期、金沢は横須賀の海軍基地が近い関係で、自然地形の撮影・描写が
禁じられていました。
そのようななか、当局の許可をわざわざ得て、描き残した画帳がこの資料です。

現在展示中の箇所はダイエー金沢八景店の場所にあった日本製鋼所。
ここは海軍の依頼により機銃の生産をおこなっていました。
美しい海岸に不似合いな工場と戦争の影。
画家はこの絵にアンチテーゼを込めたのかもしれません。

その他の箇所には、これが横浜かとみまがうような美しい自然海岸が多く描かれていました。
展示箇所以外の頁については、一部スライドショーで展示室内において上映しています。
美しい昭和はじめの横浜の海岸風景をお楽しみください。

e0164082_17381798.jpg

おすすめ資料のもうひとつは、ホテル・ニューグランドさんからお借りした
同ホテルのちらしを貼り込んでいたスクラップ帳です。
とても重い大きいスクラップ帳に老舗ホテルの伝統の重みを感じることでしょう。
貼り込まれていた(現在台紙はスクラップ帳から切り取られて保管されている)
各種チラシも昭和モダンを感じさせる軽やかなデザインとなっており、
チラシの内容からも、このホテルが海外文化の窓口であったことを十分うかがうことができます。
これも滅多に公開しない資料ですので、必見です。

今回の企画展は横浜開港資料館とセットで
400円というお得な料金設定になっております。
(横浜都市発展記念館企画展のみは300円)
この週末は、是非両館にお運びください!

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2012-07-13 17:49 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

歴史探検クルーズ

多くのお申し込みをいただいた
「歴史探検クルーズ&講座」(企画展「横浜の海七面相」関連企画)

おかげさまでこれまで4回が、無事終了しました。

今回は7月8日(日)のBコース「横浜南部のウォーターフロントと漁港」の様子を写真でちょっとだけご報告します。


e0164082_1455468.jpg

↑クルーズ船の船尾。小さい船なので波しぶきがかかります!
遠くに見えるのは赤レンガ倉庫。
Bコースは象の鼻からベイブリッジの下を通って根岸湾の工業地帯に向かいます。

e0164082_14595551.jpg

明治20年代に築造された赤灯台。以前の港内はここまでだったんですね。
帰途はこの赤灯台を前景に、みなとみらいがバックに入って写真撮影ができるように
キャプテンが船を操船してくれました。
ちなみにすごい黒雲ですが、クルーズ中雨はまったく降らず。

e0164082_1541857.jpg

JX日鉱日石エネルギー(旧新日石)の根岸製油所。
原油からガソリン、ナフサ、軽油などをつくります。
その処理能力(1日に27万バレル)は日本有数。


e0164082_1575120.jpg

ちょうどタンカーも停泊中でした。
3日に1度入港するそうで、見られてラッキーでしたね。

e0164082_15102220.jpg

今回ご協力いたただいている京浜フェリーボートのキャプテン(左)。
写真撮影ポイントの操船など、随所で気遣いをしていただき、
参加していただいた皆さんも喜んでいただけたようです。



e0164082_1514163.jpg

無事戻ってきました。象の鼻の入口から横浜税関を見たところ。
税関は海から見るのが正面なんですね。



(吉)
[PR]

by tohatsu | 2012-07-13 15:19 | お出かけ | Trackback | Comments(0)