<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

横浜市が記録した震災と復興

はい、こんにちは。
なんと3月以来、半年ぶりに登場のazul です。

開催中の特別展「関東大震災と横浜 -廃墟から復興まで-」は、
おかげさまで多くのお客様にご来館いただいていますが、
7月から始まった長丁場の展示でもあり、9月に入ってから、
新たにミニコーナー「横浜市が記録した震災と復興」を付け加えました。

展示直前に、元横浜市職員のご遺族から、
震災および震災復興関係の写真394点をご寄贈いただいたのですが、
そのなかから新発見のものを中心に紹介しています。

e0164082_1884842.jpg

煙を上げているのは、被災した横浜市庁舎の建物。
煉瓦造の横浜市庁舎は地震の揺れには耐えたのですが、
周囲で発生した火災の炎が時計塔から入り込み、
煉瓦の壁だけを残して焼け落ちてしまいました。

市庁舎の廃墟は、地震から1ヶ月以上経った10月12日に、
陸軍工兵隊によって爆破解体されるのですが、
この写真は爆破の瞬間を捉えたと思われる珍しいものです。

その他、大阪市から派遣された水道復旧工事の応援団など、
当時の救護活動を伝える写真も紹介しています。
写真群の詳細な分析はこれからですが、
まだまだ新発見の写真が出てきそうな予感がします。
ご期待ください。


また、この特別展の関連展示として、
フォトジャーナリストの大塚敦子さんによる写真展
いつか帰りたい ぼくのふるさと ~福島第一原発20キロ圏内から来たねこ~」
を開催しています。

東日本大震災の被災地にとって、復興は今なお大きな課題であり、
90年前の関東大震災を振り返るとともに、この写真展を通じて、
現在の問題にも目を向けていただきたいと思います。

今日、NHKのニュースWEBで詳しく紹介していただきましたが、
明日(9/22)日曜日は、大塚さんをお招きして、
ギャラリートークを開催いたします。
被災地の復興について考えるひと時となればと思います。

皆さまのご来館をお待ちしております。

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2013-09-21 18:10 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

酸素を抜いて殺虫!

最近、うちの博物館では、資料についている(可能性のある)さまざまな害虫を駆除するために、
こんなやりかたをしています。


e0164082_19252923.jpg


このチャック式の袋のなかに資料(オデヲン座ウィークリーが入っています)
を入れて、なるべく空気を追い出すようにしながら3連チャックを閉めます。

そして、この脱酸素剤を入れます。

e0164082_19254757.jpg


よくお菓子の袋のなかに入っているモノですね。
そして、酸素検知剤も一緒に袋に入れて2~3週間放置しておくと、
殺虫完了です。

当館では大量の資料の場合は、テントに炭酸ガスを注入して殺虫をおこなっていますが、
この「無酸素パック」、手軽に殺虫ができるので、今後重宝しそうです。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2013-09-18 19:27 | 日常業務 | Trackback | Comments(0)  

学芸員実習生のミニ展示がはじまります!

本日から学芸員実習生によるミニ展示
「博物館の近くの古い建物を見てみよう!」がはじまります。

当館では昨日までの6日間、学芸員実習をおこなっていました。
例年、最後の2日間は実習生に展示ケース1台で
ミニ展示を企画・実施してもらっています。

今年は
「昭和はじめ」「横浜」をテーマとして、
当館所蔵の絵葉書を使って展示をするようにお願いしたところ……

e0164082_8542455.jpg



なんと、展示ケース内に地図を敷き詰め、
その上に絵葉書を置くという、なかなか斬新な方法で
展示してくれました!

カラフルな地図の上に原資料を置くと、
一番に見てもらいたい展示資料が見にくくなるという意見もあろうかと思いますが、
この展示が「楽しい」展示になっていることは否めません。

展示の既成概念にとらわれていない学生ならではの
ミニ展示、ぜひご観覧ください。

展示は10月4日(金)まで、常設展示室(4階)奥で開催しています!


(吉)
[PR]

by tohatsu | 2013-09-06 09:08 | お知らせ | Trackback | Comments(0)