<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

海から見た横浜を描いた絵巻物

 
先日、岩瀬忠震の日記(『岩瀬鴎所日記』)を期間限定で公開します、
と告知しましたが、今回の特別展(「港をめぐる二都物語 江戸東京と横浜」
では、期間限定で展示する資料がけっこうあります。

そのなかでも見逃していただきたくないのが、チラシ裏面にも載せた
都立中央図書館が所蔵する
海上からの視点で幕末の横浜を描いた絵巻物です。

この資料は、都立中央図書館の特別資料室の東京誌料文庫にはいっている
ものですので、新発見というわけではないのですが、これまでほとんど
紹介されたことがないかと思われます。

どうやってこの資料を見つけたかと言うと……
たまたま東京誌料文庫の目録を見ていたとき、
「〔横浜絵図〕」という
タイトルが目に留まりました。
幕末の横浜の絵図は版行されたものはけっこうありますので、
珍しいものではないだろう、と思ったのですが、
形態が「軸」となっていたのに興味を惹かれて、
見るだけ見てみようかと請求してみたところ、
これまで見たこともない、海上からの視点で神奈川宿から山手までを
描いた絵巻物だったのです。
「絵図」とあるから地図と思っていたのですが……

幕末の江戸を描いた資料は錦絵、泥絵、肉筆画、写真など数多くありますが、
このように海上から横浜を描いた資料というのはほかには知られていない
ものです。

絵巻物の画面の下に大きい付箋のように、紙をのりで貼り継いで、
欧米の船を丁寧に描いている部分もあって、
美しい1巻の絵巻を描こうという気持ちよりも
この新しい都市横浜の珍しいさまざまな風物を
ありのままに再現しようとしたのでは?
とも思えてきます。
そして、それが歴史的資料としての価値を高くしているような絵巻物です。

この珍しい絵巻物ですが、これも1ヶ月限定展示(2週間で絵巻のなかの場面を替えます)
2月23日(日)までの展示となりますので
どうぞお見逃しなく!

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2013-12-23 17:11 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

岩瀬忠震の日記

来年1月25日からはじまる特別展
「港をめぐる二都物語 江戸東京と横浜」
展示資料のなかには、チラシなどには載せていないものの、
けっこう貴重な資料が含まれています。

そのひとつが、幕末の外国奉行、岩瀬忠震(ただなり)の日記です。

岩瀬といえば、幕末の幕府官僚きっての切れ者。かつ美男子。
かつ、安政の大獄のために排斥されて若くして亡くなってしまう
という悲運のせいか、地味に人気のある人物です。

かれは積極的な横浜開港論者でしたが、
幕府とアメリカ総領事ハリスが
修好通商条約の交渉を江戸でしているときは
江戸におらず、長崎から江戸へもどる旅路にありました。

安政4年11月6日、静岡県の天竜川まで来ていた岩瀬は、
江戸の同僚からハリスと幕府の交渉の内容を聞き、
老中にあてて建言文をしたためます。

横浜開港を論じたこの建言書は
『横浜市史』ほかで何度もとりあげられており、
内容も知られていますが、
今回そのオリジナルの文書を探り当てることはできませんでした。

しかし、あるいは岩瀬の日記のなかに関連する記述がないかと
調べてみたところ、
11月6日の日記のなかに
「横浜開港」の草案ができたとの記載があったのです!

現在早稲田大学図書館の所蔵になっているこの日記、
実は意外に知られていない資料です。
幕末史に名を残した人物の日記・書簡については、
翻刻がなされている場合が多いのですが、岩瀬の日記は
翻刻が出ていません。
また、松岡英夫『岩瀬忠震』(中公新書)でも
岩瀬日記を使用していません。
研究論文でもあまり目にしたことがない資料です。

問題の11月6日の箇所は筆と鉛筆?が混在して書かれているようです。
ほかのページには旅の途中で目にした風物を描いたスケッチもあって
岩瀬に絵心があったことがわかります。
(設楽原歴史資料館が開催した特別展の図録「開国の星 岩瀬忠震」
をみると岩瀬の描いた多くの絵画をみることができます)

この岩瀬忠震の旅日記、
展示スタートから1ヶ月限定、
1月25日(土)~2月23日(日)まで展示します。
どうぞお楽しみに!

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2013-12-20 19:20 | お知らせ | Trackback | Comments(0)