<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

職業体験~「そうだったのか」がそこにある~

みなさんこんにちは!

1月27日、28日で職業体験に来ている港中学校の末永と三浦です。私たちはこの二日間で横浜発展の歴史やユーラシアの文化についてなどたくさんのことを学ぶことができました。
私たちがこの二日間で学んだことの中ですごいなぁと思ったものを一つ紹介します。さらに!私たちが驚いた物の中からクイズも作ってみたので是非解いてみてください。

まず、学んだ物の中ですごいなぁと思ったものを紹介します。それは「煉瓦造下水道マンホール」という物です。その煉瓦造下水道マンホールのどこがすごいのかというと明治十年代の物なのに消臭装置を備えているというところです!その仕組みは2つあって1つは内部に取り付けられた「乾燥セル木炭」を入れた箱です。炭箱は背面が空洞になっていて外部とつながっており内部の臭気が炭箱を通して浄化されて外部に抜けていくという構造です。もう一つの仕組みは「下部ノ彎曲セル鉄管」という物です。これは、現在でいうトラップであり、管のS字型部分に水を留めることで内部の臭気が外へと漏れないようにするというものです。私たちはこんなものを思いつく技術者の人たちはすごいな~と改めて実感しました。

発掘されたマンホール
e0164082_12562080.jpg


マンホール内の炭箱とトラップ 左奥に見えるのが炭箱、右前に見える曲がったパイプがトラップ
e0164082_1311883.jpg


次に難易度高めのクイズをつくってみたので是非解いてみてください!
それでは第一問

下の写真の機械はどんなことをするための物でしょう
ヒント:何かを焼くもの
e0164082_12384657.jpg


1問目は余裕でしたか?それでは次に行きましょう第二問

これは何をする建物でしょう
ヒント:みんなが静かにしなければならない場所
e0164082_1351539.jpg






クイズの答え
第一問:ガス式トースター
このトースターは一気に二枚のパンを焼くことができるが両面を焼くには人が手でひっくり返さなければならなかった。

第二問:横浜市図書館
鉄筋コンクリート造三階建てで1927(昭和2)年7月に工事終了

クイズはどうだったでしょうか。少し難しかったですか?この横浜都市発展記念館、横浜ユーラシア文化館では少し難しい歴史でもわかりやすい解説でまとめてあり、来れば必ず「そうだったのか」と思うことがあると思います。少しでも興味があれば是非きてみてください!
[PR]

by tohatsu | 2016-01-28 15:00 | その他 | Trackback | Comments(0)  

職場体験にきました!

皆さん、こんにちは!

職場体験に来ている茅ケ崎中学校二年の福留と、佐藤です。今日は小学生に吉田新田について教えるサポートをしました。とても分かりやすく説明をされていたので私たち自身にとってもいい勉強になりました。

私たちが学んだことについて少し紹介したいと思います。
まず、横浜市の昔と現在の姿についてです。
e0164082_1503831.png
e0164082_150521.png

上の写真は、かつての横浜市です。これを見ると昔はとても小さかったことがわかります。震災などがあり、現在では下の写真のように大きな都市に発展しました。

次は吉田新田についてです。
吉田新田は、350年前に現在の関内で干拓によってつくられました。
干拓とは、入海を堤でかこんで海水が流れ込まないようにし、堤の中の水分を蒸発させて埋め立てることです。
下の写真を見てください。黒く囲んでいる線が堤です。堤の内側に田んぼがありました。
e0164082_15363747.jpg

現在、田んぼはもうありませんが、形はのこっています。


ここでは、このようにたくさんのことを学ぶことができ、とても楽しかったです。
また、担当の方の話を聞いて学芸員の仕事内容や大変さ、おもしろさがよくわかりました。
皆さんも興味があったら、ぜひ横浜都市発展記念館に来て、横浜の歴史に触れてみてください。
[PR]

by tohatsu | 2016-01-15 15:53 | その他 | Trackback | Comments(0)