あと一週間!

はい、こんにちは。

いよいよあと一週間で展示オープンです。
この時期、展示担当は心身ともに疲労がピークに達しつつあり、
仕事に凡ミスが続いたり、思わぬ事態に右往左往していたり、
とにかく大変な時期なのです。

決して鼻の下を伸ばしたりする余裕などない(はずの) azul です。

さて、資料借用の旅はひととおり終わりまして、
あとは当財団の諸施設で保管されている資料を集めるのみ。
もう一息です。

ここでちょっと旅の一幕をご紹介。

e0164082_15395298.jpg

深谷の旧日本煉瓦史料館にて、
煉瓦を成形するときの叩き板をお借りしているところ。
この叩き板の柄の部分に、有名な「上敷免製」の陽刻があります。

そして、もうひとつ。

e0164082_17301413.jpg

かながわ考古学財団の野庭資料室にて、
山下居留地遺跡の出土遺物を選んでいるところ。
今もドイツにある「ヴィレロイ&ボッホ」社製のタイルです。
ドイツの本社には当時のパターンブックが残されていて、
それを見ながら出土したタイルを組み合わせていくと、
ご覧のとおり、素敵な模様が!


こうして集荷してきた資料は、収蔵庫の前室に仮置きされ、
展示室の引き渡しが終わるといよいよ設営!!

・・・の前にまだいろいろと制作するものがあるのです・・・


(azul)
[PR]

by tohatsu | 2010-01-16 17:31 | お出かけ | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://hamablo.exblog.jp/tb/11973397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 準備風景 「ヨコハマ調査隊」アラワル! >>