歴博の図録コーナー

昨日・おととい、(azul)さんと「西洋館とフランス瓦」展でお借りした
資料の返却のため、
佐倉の国立歴史民俗博物館(歴博)、都内の2大学、那須の青木周蔵邸に
当財団の車を運転して行ってきました。

歴博には、全国の博物館の展覧会図録・刊行物
を集めたコーナーがあるのですが、
当館もつい最近より図録を置かせてもらうことになりました。
そこで、当館の図録、どんなところに置かれているのかとおそるおそるのぞいてみたところ、
なんと正面の一番目立つ棚の上段に
(岡)さんの「横浜ステーション物語」「昭和はじめの「地図」の旅」「横浜地下鉄物語」が、表紙を見せる形でどどんと置かれていました。

e0164082_921513.jpg


歴博にいくたびにこの図録コーナーはチェックします。
名前を知らなかった、ちょっと小規模そうな館(ウチもですが)が
いい図録を作っていると、つい買ってしまいますし、
その後もその博物館が気になって催事を確認したりすることもあります。

このコーナーに図録を置いてもらうことは、販売箇所を増やす意味でも大切ですが、
広報面でも少なくない効果があるのではないでしょうか。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2010-05-16 09:44 | お出かけ | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://hamablo.exblog.jp/tb/12648668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 調査余談 最終日! >>