調査余談

先日、資料ご提供のお願いをこのブログでも書きましたが
南区にお住まいの方より、昭和戦中のものがあるというご連絡をいただき、
拝見に伺いました。

品物はお母様が使用していた思い出の品々。
お嫁入りのときに持参した竹行李、
今でも動くゼンマイ式の柱時計、
結納時の「目録」
など。

今回の秋の特別展「モダン横濱案内」では展示は難しいかもしれないけれど、
今後当館の展示などで活用できる旨をお話をすると、
ご寄贈いただけることになりました。

当館では資料の収集を購入と寄贈によっておこなっていますが、
ご寄贈いただく場合は、その資料にまつわる話をうかがうことが多く、
その「来歴」のお話がとても興味深かったりします。
購入した資料よりも、ご寄贈いただいた資料の方が、モノは同じであっても
訴える力が大きいのです。

(吉)

by tohatsu | 2010-06-03 15:38 | 調査余話 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://hamablo.exblog.jp/tb/12745462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「横浜実測図」の継ぎ目 歴博の図録コーナー >>