震災復興の街

東日本大震災の詳報が徐々に入ってきています。
あまりの被害状況に、記事を見るたびに心が痛みます。

大正12年(1923)9月1日、横浜は関東大震災に見舞われました。
しかし、その後約10年で街は力強く復興を成し遂げます。
この歴史的経験は、未曽有の大災害で先行きに不安を抱く私たちに
希望をあたえてくれるような気がします。
この時期の史料を読んでいると、
震災の大被害から急速に復興した横浜に
ハマっ子が誇りを持っていた様子を、陰に陽にうかがうことができます。

当館では、昭和はじめの横浜中心部の地図に、
同時代のさまざまな施設の画像を入れ込んだ横浜歴史情報マップを
ホームページ上で3月末に公開する予定です。
一度は灰燼に帰した横浜が、
見事に復興を遂げた様相を、写真・絵葉書等の画像資料で見ることができます。

この歴史情報マップの製作は、今の社会状況に対しても
ささやかながら当館が貢献できるひとつの仕事と思っています。

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2011-03-16 18:27 | その他 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://hamablo.exblog.jp/tb/14441234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 横浜歴史情報マップ、完成! 『横浜グラフ』に拡大縮小機能が... >>