横浜歴史情報マップ、完成!

 都市横浜のさまざまな施設を同時代のマップ上に落とし、
 関連する資料の画像、歴史的情報を表示する
 「横浜歴史情報マップ」。 
 その第1弾として「モダン横浜歴史情報マップ」
 本日3月31日(木)より当館ホームページで公開しています。

 今回公開する
 「モダン横浜歴史情報マップ」は、
 以前このブログでも触れましたが「横浜市三千分一地形図」
 から昭和初期の横浜中心地区をリライト。
 この精密なリライト地図をベースマップとして、
 同時期に存在した施設(百貨店・公共施設・名所など)を
 ピンポイントに地図上に表示しています。

 そして、施設名をクリックすると、施設に関する簡単な説明と
 関連するサムネイル画像があらわれ、
 サムネイルをクリックすると、
 その画像内容についての情報を
 別のウィンドーで表示する、という仕組みになっています。

 今回は関東大震災時の当該地点の写真も掲載し、
 壊滅的な被害を受けた震災から
 速やかに復興した横浜の街を震災直後の様相を比較できるようにしました。
 
 現在のところ、約30施設、画像枚数100点程度に過ぎませんが、
 将来的には、都市横浜の森羅万象をこの地図からたどることができるような
 壮大なデータベースにしたいと考えています。
 どうぞご期待ください。

e0164082_17583816.jpg

 
 「横浜歴史情報マップ」 http://www.tohatsu.city.yokohama.jp/HIMap/HIMap_index_hp.html

(吉)
[PR]

by tohatsu | 2011-03-31 17:59 | お知らせ | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://hamablo.exblog.jp/tb/14525867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 昭和の東海道展まであと一週間 震災復興の街 >>