五十嵐英壽写真展

はい、こんにちは。
めちゃくちゃ久しぶりに登場のazul です。
もう前に登場したのはいつだったか忘れました・・・

さて、先月から始まった
五十嵐英壽写真展
「写真記者」が見つめた港の半世紀

ですが、おかげさまでこの暑さのなか、
多くの方が足を運んでくださっています。
ありがとうございます!

五十嵐英壽氏からの写真寄贈を記念して企画したこの展覧会、
五十嵐さんが「写真記者」として活動を始めた昭和27年から、
昭和の終わり(実際は平成元年ですが)に開催された横浜博覧会まで、
およそ半世紀の横浜の戦後史を、
五十嵐さんの写真とともに振りかえる構成になっています。

e0164082_114411.jpg


7月26日(土)には、五十嵐さんをお招きして、
当時の撮影秘話などをお話しいただくトークイベントを開催。
昭和20年代後半から30年代にかけてのお話はとても興味深く、
また五十嵐さんのお人柄もあって、和やかな雰囲気の1時間でした。

e0164082_1142720.jpg

そして、8月3日(日)は、展示関連ワークショップのひとつ、
「五十嵐さんの足跡をたどるヨコハマ撮影会」。
これはMarble Workshop の企画協力のもと開催したもので、
かつて五十嵐さんが撮影された場所が現在どうなっているか、
自分たちの目でその変化を観察して、撮影してみようという企画です。

e0164082_1154345.jpg

当日は暑いなか、頑張って大さん橋まで行きましたよ!
何といっても、この日のメインは大さん橋に停泊中の「飛鳥Ⅱ」。

e0164082_116035.jpg

そして館に戻ってからは、自分たちで撮った写真の発表会。
この日のベストショットをモノクロでプリントして、
五十嵐さんの写真と並べてワークシートに貼りつけてみると、
この半世紀の港の変化がとてもよくわかります。

e0164082_1163183.jpg

この「ヨコハマ撮影会」、8月22日(金)にも開催します。
まだ定員には空きがありますので、ぜひご応募ください!

そして、明日あさっては恒例の夏祭りです。
両日とも入場無料ですので、多くの方のご来館をお待ちしております!

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2014-08-15 11:07 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://hamablo.exblog.jp/tb/22291707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 夏まつり!! 都ユ大道芸 >>