地球防衛軍

はい、こんにちは。
7月3日(日)で企画展「横浜・山下公園」が終了しました。
GW前から始まった展示ですが、いつものことながら、
終わってみるとあっという間だったように感じます。
撤収作業も順調に進み、がらんとなった展示室を見て、
ちょっと心の中もがらんとしている azul です。

さて、展示が終わってからも気を緩めてはいけません。
借用先へ資料を返却に行く大事な仕事が残っています。

今回、展示室のアイキャッチとしてお借りしたのが、
昭和36年に開業したヨコハマ・マリンタワーの1/100模型。
横浜みなと博物館の常設展示に鎮座している開業当時の模型です。
この模型があるとないとでは展示室の雰囲気が大きく変わりますので、
志澤館長に無理を言って、展示ケースごと貸していただいたのでした。
(志澤さん、ありがとうございました!)

資料返却の第一弾はまずこの模型から。

e0164082_18404719.jpg

タワーという特殊な形状なので、模型全体を収める木枠を作り、
搬送中にタワーが揺れないよう前後から軽く固定します。
こういう神経を使う資料では、信頼できる作業員さんだと本当に助かります。

さて、こんな大きな木枠をいったいどこから搬入するのかというと・・・

e0164082_18411350.jpg

じゃーん!
これですよ、これ。巨大なリフト。
リフトが稼働するときの警報音が、またキングギドラの声そっくりで、
怪獣マニアにはたまらないヒミツの装置なのです。

さて、今度の展示ではどんな大型資料をお借りしようかな・・・ふふふ。

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2016-07-05 18:44 | お出かけ | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://hamablo.exblog.jp/tb/24507312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 出かけるときは忘れずに 山下公園の「蟹缶」 >>