常盤とよ子氏 ご来館

皆さまこんにちは!
Ryoです。

明日から11月だと言うのに、博物館に見学に来る子どもたちの中には、半そで半ズボンの子もチラホラ。
朝夕は涼しいですが、日中はお出掛けするのに心地よい季節になりましたね。
11月3日は、夜間開館に加え入館も無料です!是非お出掛けください♪


さて、今月6日より始まった企画展「奥村泰宏・常盤とよ子写真展 戦後横浜に生きる」は、奥村・常盤両氏が撮影した膨大な数に及ぶ紙焼写真・ネガやカメラなどの資料が当館に寄贈されたことを記念し開催しており、寄贈された資料の一部を紹介しています。

連日多くの方に足をお運び頂いておりますが、先日資料の寄贈者である、常盤とよ子氏も来館されました。

e0164082_10430239.jpg

ご自身が撮られた写真をご覧になり当時を語る姿に、プロカメラマンとしてその時代を見つめ、生き抜いてきた力強さを感じました。
展示を喜んでくださって、展示担当のNさん以上に感激したRyoでした。

展示は、東京新聞さん、朝日新聞さんの紙面でもご紹介いただいています。
こちらの記事もあわせてご覧くださいませ!


展示担当のNさんは、前回2年前に担当した企画展「焼け跡に手を差し伸べて」を縁に、その後たくさんの方との出会いがあり、あらたな貴重な資料を発掘するに至ります。
1階ギャラリーで開催している企画展関連展示「聖母愛児園分園『ファチマの聖母少年の町』の記録」はそんなNさんの追跡調査による大きな成果の1つです。

今回たくさんご寄贈いただいた資料も、今後何年もかけて整理・研究が進められていくわけですが、展示を観ると学芸員のお仕事って凄いな!と、改めて素人目線で思う訳です。

(Ryo)

[PR]

by tohatsu | 2018-10-31 12:16 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://hamablo.exblog.jp/tb/27623997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< さすがっ!N○K!! 【奥村泰宏・常磐とよ子写真展】... >>