人気ブログランキング |

企画展示余話 鉄道雑学(2)

 先月で終了した企画展示「横浜ステーション物語」を見たお客様から質問がありました。昭和20年代に撮影された横浜駅東海道線ホームの駅名板が、「しながわ←よこはま→ほどがや」となっていることについてです。現在ですと、「かわさき←よこはま→とつか」となっています。
 実は昭和55年まで、いまの横須賀線電車が走っている線路は貨物線で、ホームもありませんでした。横須賀線の電車は、東京-横浜-大船間では東海道線に乗り入れて、東海道線の列車(熱海・名古屋・大阪方面)と同じ線路を走り、ホームも同じでした。
 横浜駅の東海道線下りホームを出た東海道線の列車は、普通列車でも保土ヶ谷、戸塚を通過して次は大船まで停まらなかった代わりに、同じホームを出た横須賀線電車が各駅停車の役割を果たして、保土ヶ谷、戸塚と停まったのです。よって、横浜の隣の駅は「ほどがや」となっていたのです。
 一方、東海道線上りホームを出る東京行きの東海道線列車(特急・急行・普通)、および横須賀線からの直通電車、いずれも次は品川より先まで通過していました。よって、横浜の次の駅は「しながわ」となっていたのです。
 ちなみに、横須賀線電車が途中の川崎に停まるようになったのは昭和34年。そのときに駅名板の表示は「かわさき←よこはま→ほどがや」と変更されたはずです。さらに東海道線の普通列車もやがて川崎に停まるようになり、横須賀線電車が東海道線の列車と分離されて貨物線を走るようになった昭和55年、東海道線の普通列車は戸塚にも停まるようになりましたが、東海道線ホームを発着する全ての列車が保土ヶ谷通過となったため、ホームの駅名板の表示も「かわさき←よこはま→とつか」となったのです。                     (岡田直)

by tohatsu | 2009-02-03 10:41 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://hamablo.exblog.jp/tb/9531600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 火山灰… 読者の皆様からのお便り >>