わが家のガスくん

はい、こんにちは。
初期消火班長のazul です。
うっかりしているうちにブログジャックされてしまいましたが、
中庭のガス灯のお話をひとつ。

このガス灯、単なるガス灯ではありません。
当館の所蔵資料である明治期のガス灯柱をもとに、
復元したものなのです。

詳しくは、当館ホームページの「掘り出し物ニュース」で、
ずいぶん前に紹介しましたが、
当館にあったのは柱の部分のみで、しかも真っ二つに折れていました。

e0164082_9442541.jpg

ところが調べてみると、柱の根元にグラスゴーのメーカー名があり、
そのメーカーが横浜瓦斯(ガス)会社に資材を納品していた会社だということで、
真っ二つの柱が、由緒ある資料だということがわかってきました。

そこで、当時の絵葉書などから、失われていたランプ部分を復元して、
実際にガスで点灯してみようということになり、
折れた柱から型を取って作ったのが、中庭のガス灯なんです。
開館工事のとき、このガス灯一本のために、中庭までガス管を引いてもらいました。
当時の市建築局や市教育委員会の担当者は、半ば呆れ顔でしたけれど。

もちろん、明治の初めのころは裸火なので、
現在のガス灯(燃焼部にはマントルという部品が取り付けられています)の明かりは、
厳密には明治初期のものとは異なるのですが、
明らかに電灯とは違う、ガス灯独特の明かりを感じていただけるのではないでしょうか。

今、「象の鼻地区」では、かつての防波堤の復元工事が進んでいますが、
防波堤上に立てられる街灯は、じつは当館中庭のガス灯から型を取ったものです。
あちらはガス灯ではないようですが、形はまったく同じ。
当館ガス灯とは双子(三つ子?四つ子?五つ子?)の関係にあたります。
象の鼻パークがオープンしたら、是非見に行こうと思います。

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2009-03-20 09:50 | その他 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://hamablo.exblog.jp/tb/9873995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 歴史を消し去るもの ブログジャック!! >>