カテゴリ:展示案内( 68 )

 

常盤とよ子氏 ご来館

皆さまこんにちは!
Ryoです。

明日から11月だと言うのに、博物館に見学に来る子どもたちの中には、半そで半ズボンの子もチラホラ。
朝夕は涼しいですが、日中はお出掛けするのに心地よい季節になりましたね。
11月3日は、夜間開館に加え入館も無料です!是非お出掛けください♪


さて、今月6日より始まった企画展「奥村泰宏・常盤とよ子写真展 戦後横浜に生きる」は、奥村・常盤両氏が撮影した膨大な数に及ぶ紙焼写真・ネガやカメラなどの資料が当館に寄贈されたことを記念し開催しており、寄贈された資料の一部を紹介しています。

連日多くの方に足をお運び頂いておりますが、先日資料の寄贈者である、常盤とよ子氏も来館されました。

e0164082_10430239.jpg

ご自身が撮られた写真をご覧になり当時を語る姿に、プロカメラマンとしてその時代を見つめ、生き抜いてきた力強さを感じました。
展示を喜んでくださって、展示担当のNさん以上に感激したRyoでした。

展示は、東京新聞さん、朝日新聞さんの紙面でもご紹介いただいています。
こちらの記事もあわせてご覧くださいませ!


展示担当のNさんは、前回2年前に担当した企画展「焼け跡に手を差し伸べて」を縁に、その後たくさんの方との出会いがあり、あらたな貴重な資料を発掘するに至ります。
1階ギャラリーで開催している企画展関連展示「聖母愛児園分園『ファチマの聖母少年の町』の記録」はそんなNさんの追跡調査による大きな成果の1つです。

今回たくさんご寄贈いただいた資料も、今後何年もかけて整理・研究が進められていくわけですが、展示を観ると学芸員のお仕事って凄いな!と、改めて素人目線で思う訳です。

(Ryo)

[PR]

by tohatsu | 2018-10-31 12:16 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

【奥村泰宏・常磐とよ子写真展】オープン間近!

はい、こんにちは。
押しても引いても動いてくれない展示ケースを前に、
しみじみと歳を感じるazul です。

さて、今週土曜日からのオープンに向けて、
現在企画展示室では設営作業の真っ最中です!
e0164082_13044363.jpg
























このたび戦後横浜を代表する写真家奥村泰宏・常磐とよ子両氏が撮影した、
写真やネガなどの資料が当館に寄贈されました。
次の企画展では、2人が撮影した写真を中心に、
戦後横浜に生きた人びとのすがたに迫ります。


展示室では写真パネルの打ち付けがほぼ終了し、
いよいよ原資料の出番を待つばかりとなってきました。
こうなれば、あとひと息。

e0164082_13051378.jpg



























↑ 常磐とよ子氏のインタビュー映像は必見(横浜市民ギャラリー提供)

企画展「奥村泰宏・常磐とよ子写真展 戦後横浜を生きる」は、
10月6日(土)から始まります。
皆さまのご来館をお待ちしております!


(azul)


[PR]

by tohatsu | 2018-10-03 13:12 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

あれ?もう5月?4月はどこへ・・・

皆さまこんにちは!Ryoです♪

3月末からバタバタしているうちに、気がつけば5月・・・4月14日から、企画展「伸びる鉄道、広がる道路 ~横浜をめぐる交通網~」がすでに始まっております105.png

昨年の「横浜地図ワールド」に引き続き、展示担当は(岡)さん!
今回も(岡)ワールド全開ですっ!

交通インフラとそのネットワークのあゆみから、横浜の都市形成史について理解を深めていただくのですが、コンパクトな展示室に資料が約200点、見ごたえがありますよ~。
直近の展示解説は、5月27日(日)午後2時から。
前回の3日も盛況でしたので、早めにいらして最前列で(岡)さんの解説をお聴きください!

そして!!

e0164082_15251644.jpg

本日は、RFラジオ日本「ホッと横浜」さんに取材をして頂きました♪
リポーターは庄司ゆかりさん162.pngいつもありがとうございます!

放送日は、5月17日(木)、18日(金)の16時30~35分頃。
お聴き逃しなく165.png

(Ryo)



[PR]

by tohatsu | 2018-05-11 15:40 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます!
今年も横浜都市発展記念館、そしてハマ発ブログを、
どうぞよろしくお願いいたします。

皆さま、年末年始はいかが過ごされましたか?
たくさん宿題(原稿の山)を持ち帰ったあげく、
何一つ手を付けないまま仕事始めの日を迎えるという、
いつもと変わらない年末年始を送ったazulです。
いつになっても進歩がありませんね、トホホ。


さて、気がつけば、企画展「みなとみらいの誕生」も残すところあと3日!
新年早々、資料返却の段取りなどで慌ただしいです。


明日1月6日(土)は14時から最後の展示解説です。
毎回、終わったあとに参加者の方からいろんな質問をいただくのですが、
今回は都市計画や都市開発に関心をお持ちの方が多いせいか、
かなり突っ込んだ質問をいただくことが多いですね。
現在進行形の話だと、私ではとても答えきれないのですが。

e0164082_18150065.jpg























そして最終日の1月8日(月祝)は、19時まで開館時間を延長します。
どうぞ最後の時間までゆっくりとご観覧ください。


うーむ、何のオチもない・・・。


(azul)


[PR]

by tohatsu | 2018-01-05 18:20 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

学芸員実習生のミニ展示2017

はい、こんにちは。azul です。
長いあいだ潜伏を続けておりましたが、
もう逃げも隠れもできない時期になって参りました。


いよいよ10月7日(土)から次回企画展が始まります。
その名もずばり「みなとみらいの誕生」。
横浜といえば中華街、そしてみなとみらい。
そんなイメージを抱く人は多いのではないでしょうか。


桜木町駅前の横浜ランドマークタワーの印象が強いですが、
実は、赤レンガ倉庫のあるエリアから横浜駅の東口まで、
みなとみらい地区はとても広いんです。
そんなみなとみらいがどのような経緯を経て誕生したのか、
明治時代からの歴史をひもといていきます。


ですが、その前に!
今年の学芸員実習生たちのミニ展示をご紹介。
(遅くなってゴメンなさいね~)

今年も8月末から9月上旬にかけての1週間、
実習生4人を受け入れて、博物館実習を実施しました。
毎年、実習最後のプログラムとしておこなうのが、
当館の絵はがきを使ったミニ展示。
今年の実習生が資料をもとに議論して選んだテーマは、
「絵はがきでめぐる関内歴史散歩
  ~震災復興の史跡をたどる~」


当館が位置する関内エリアは、関東大震災の影響が大きく、
歴史的建造物をはじめ各所に震災復興の跡が見られます。
ミニ展示では、当館を出発して歩いて回れるコースを念頭に、
絵はがきからうまく見どころを組み立ててくれました。
資料の解説もとてもよくできています!(西村センセの指導の賜物?)
e0164082_10060062.jpg
















そして恒例の記念撮影タイム。
今年のポーズはヨコハマの「Y」!
e0164082_10063811.jpg

















ミニ展示は、11月3日(金祝)まで常設展示室にて公開します。
企画展「みなとみらいの誕生」とあわせて、ぜひこちらもご覧ください。

(azul)





[PR]

by tohatsu | 2017-09-17 10:15 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

設営スタート

はい、こんにちは。azul です。

増田彰久写真展の撤収作業も終了して、
いよいよ次の企画展「ようこそ!横浜地図ワールドへ」に向けて、
設営作業がスタートしました。

がらんとした展示室での作業は、まず展示ケースの移動から。
担当者の作成したレイアウトにあわせて、展示ケースを配置します。
ここで床下から電源を取る作業が腰痛持ちには結構ツラい。
(今回は(西)さんがやってくれました・・・いや、今回もか・・・)

今度の企画展は地図をたくさん展示するので、
ウォールケースのなかの可動壁は最前面まで移動。
そして水準線を引いたら、スタンバイOK!

おぉ、今回はいつにも増して順調だ。
企画展「ようこそ!横浜地図ワールドへ」は、22日(土)からです!

e0164082_14262657.jpg

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2017-04-14 14:39 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

あと一日!

はい、こんにちは。
お久しぶりのazul です。

昨年10月から始まった企画展「焼け跡に手を差しのべて」は、
いよいよ明日(1月15日)が最終日です。
どうぞお見逃しのないように!

さて、今回の企画展では展示室を入るとすぐに、
終戦直後の横浜を撮影した映像が流れているのですが、
これが非常に見応えがある内容で、
つい立ち止まって見入ってしまうのですね。
映像のなかには接収中の当館の建物(旧電話局)も登場します。

e0164082_1665749.jpg

この映像を見るために何度も来られた方もいるそうで・・・。
そうなんです、この映像はまだ導入部分ですので、
映像を見ているうちに閉館時間になっちゃった!
なんてことのないよう、どうぞ時間に余裕をもってお越しくださいませ。

あと一日、皆さまのご来館をお待ちしております。

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2017-01-14 16:09 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

山下公園の「蟹缶」

はい、こんにちは。
まさかのEU離脱で世界を驚かせたイングランド。
サッカーの試合でも、もはや誰も優勝候補と言わなくなったとはいえ、
ものの見事にアイスランドに完敗して、ユーロ大会から離脱してしまいました。
そんなイングランドはハナから応援していなかったアズーリ愛の azul です。

さて、企画展「横浜・山下公園」で紹介している資料のひとつに、
昭和10年の「復興記念横浜大博覧会鳥瞰図」があります。
山下公園で開催された「復興博」の会場を描いた鳥瞰図なんですが、
細かく見ていくと、いろんなものが描かれていて面白い!

開園した当時の山下公園には、現在の沈床花壇の場所に、
ボートベイシンと呼ばれる船溜まりがあったのですが、
この鳥瞰図の船溜まりのところを見ると・・・「蟹缶」???

e0164082_17114137.jpg

そんなパヴィリオンってあったっけ?と思いながら、
博覧会の公式記録である『復興記念横浜大博覧会誌』をめくると、
ありました、ありました、思わぬところで蟹缶を発見しました。

噴水の左右に「森永製菓」「キリンビール」と書かれているように、
この博覧会には各企業も出品していたのですが、
この「蟹缶」は、本物の蟹の缶詰が陳列された物産館ではなく、
東京の「日本蟹缶詰水産組合連合会」が出していた休憩所なのでした。
いやはや・・・。

いろいろ見ていくと発見のあるこの鳥瞰図。
当館ミュージアムショップで復刻版を絶賛発売中です!
あなたも第二の「蟹缶」を探せ!

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2016-06-30 17:15 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

山下公園のモダンガール

はい、こんにちは。
久しぶりに「ハマ発ブログ」に戻ってきた azul です。
久しぶりの話題は、今月の新収資料から!

先月、企画展「横浜・山下公園」の紹介記事をご覧になった方が、
「うちの母が戦前に山下公園で撮った写真があります」と、
亡きお母様のアルバムから見つけた写真をお持ちくださったのですが、
これがまた素敵な写真で・・・

e0164082_18244099.jpg

左側がご寄贈者のお母様なのですが、右側がご学友。
当時二人は武蔵野音楽学校(現・武蔵野音楽大学)に通っており、
まさに当時のモダンガールといえるでしょう。
写真と一緒にお持ちいただいた資料のなかには、
なんと同校在籍中の渡辺はま子からの葉書も!
(*渡辺はま子は昭和8年に同校卒業)

企画展の開催は、こうした新資料の発見につながるものです。
今回も素敵な資料に出会うことができました。
滝沢様、ご寄贈ありがとうございました。

企画展「横浜・山下公園」は7月3日(日)まで開催中です。
お見逃しなきよう!

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2016-06-22 18:26 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)  

実習生のミニ展示

はい、こんにちは。azul です。
気がつけば9月に入ってから投稿ゼロでした・・・。

今日はシルバーウィーク最後の日。
特別展「ハマを駆ける」も今日で終わりです。
長いようであっという間でした。
今朝、開館前に記録写真を撮りながらちょっとしみじみ。

さて、諸々の展示関連イベントとならんで、
夏休みの大事な事業のひとつに学芸員実習があります。
一週間という短い期間ですが、毎年4名の実習生を受け入れて、
資料整理からミニ展示の企画・実施までを学んでもらっています。

当館での実習のハイライトであるミニ展示の様子は、
毎年、このブログでも紹介してきましたが、
今年の実習生たちが話し合って決めたテーマは、
「よみがえる横浜-関東大震災からの復興-」

ミニ展示で扱う資料は当館所蔵の絵葉書と決めているので、
内容はおのずと絵葉書の中身に縛られてしまうのですが、
それでも毎年、実習生たちは異なるテーマを考えてくれます。
今年は関東大震災前後の絵葉書を比較することで、
震災から復興した横浜の街・建築を紹介しようというもの。

e0164082_13285412.jpg

最後は恒例の記念撮影!

e0164082_1329354.jpg

特別展「ハマを駆ける」は今日で終了しますが、
このミニ展示は常設展示室で11月3日(火祝)まで展示しています。
ぜひ、この秋も当館へ。
お待ちしております。

(azul)
[PR]

by tohatsu | 2015-09-23 13:30 | 展示案内 | Trackback | Comments(0)